イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

久々の揃い踏み!

Upton Park。
ようやく『8』と『9』のブラザーが揃った。
しかしバートンに削られたシャビ・アロンソがいない…
困ったものだ…

2分。そのブラザーが早速見せつけた!
トーレスのスルーパスに飛び出したスティービー!
GKグリーンをかわし、無人のゴールへ叩き込んだ!
ゴォ~~~~~ル!
Redsあっさり先制!
27分。セットプレーからニールのヘッド!危なかった…
37分。トーレスが倒されてPK!
珍しく読まれて防がれたが、弾いたボールを叩き込んで決めた!
0―2!
それにしてもボア・モルテにとってはやりきれないだろう…
直前にマスチェラーノに背後から倒され、ノーホイッスル。
その直後にトーレスを引っ張ってPK…
43分。キャラガーがあり得ないミスをしてディ・ミケーレが独走!
やられたと思ったが、足がもつれてしまった…
ゾラはため息しか出ないだろう…
48分。あわやの場面はあったが、結局このまま終了。
Redsが内容こそあまりよくなかったものの少ないチャンスをモノにし、0―2。
効率の良い攻撃だが、相変わらずカイトの献身的なプレーには頭が下がる…

後半に入り右サイドに開いたカイトからベナユン!
いい展開であった。
54分。Rafaにしては珍しく早めの交代だ。
ファビオ・アウレリオに代えインスーア。
当然の交代かもしれないが、インスーアも決して良くない…
59分。スタニスラスに代わりコリソン。
61分。This is カウンターからの攻撃は見応えあった…
72分。トーレスに代わってバベル。
84分。バベルがダメ押しのゴールが決まって0―3!
結局このまま長いホイッスル!

最高の内容ではなかったが、盤石の0―3!
カイトを中心にリーグ戦一本にかけるRedsイレブンの好調さが目立つ。
奇跡を信じ、絶対に諦めたくない…
[PR]
by jicchan1968 | 2009-06-27 09:09 | サッカー