イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

素晴らしいチーム、サポーター・・・

The Hawthorns。
今季は最後まで優勝争いをして欲しいという願いは叶ったが、
大目標はまた来季以降となってしまった…
しかし来シーズンを見据えていいゲームを魅せてもらいたいところだ…

立ち上がり、大脱出の再現を信じるサポーターに推されいい入り方をするWBA。
14分。珍しくスティービーが痛がっている…大丈夫か…
28分。流れはWBAだったが、スティービーが相手のミスを突き、冷静に叩き込んだ!
ゴォ~~~ル!
42分。ショートCKから『8』→『9』へのホットライン!
ゴールこそならなかったが、まさに息ぴったりだ…
来シーズンも数多く観たいシーンだ…
結局前半はこのまま終了。
Redsの1点リードでの折り返しとなった。

今日ばかりはスタジアムに詰め掛けたWBAのサポーターに同情したいが、
Redsも絶対に2位を確保しなくてはいけない…

後半に入り51分。
マスチェラーノが足を引きずってシャビ・アロンソに代わった。
57分。ミスをしたマルティスが下がる時に拍手で送り出したサポーター…
今ミスをした自チームのプレーヤーにブーイングする傾向が多い中、
当たり前だが素晴らしい真のサポーターであり、改めて手本にしてもらいたい…
63分。中央でボールを受けたカイトがドリブルから上手くシュート!
ゴォ~~~~~ル!
後半もWBAの流れであったが、貴重なカイトの追加点!
2点のビハインドでも声援を送り続けるサポーターとこのスタジアムの雰囲気から、
よっぽど先のニューキャッスルよりも熱く、素晴らしいサポーターとスタジアムの雰囲気だ…
68分。点が取れなかったトーレスがうなだれて下がり、バベルが入った。
今日は彼の日ではなかった…
73分。ベナユンに代えてエンゴク。
77分。再び決定的な場面でジェイミーが立ちはだかる!
続く79分にも決定的な場面を作られ、マークの甘いアルベロアを怒鳴りつけた!
アルベロアが応酬したため、小競り合いに…
ジェイミーのハートの強さと責任感が来シーズンいや続く限りRedsには必要不可欠だ…
85分。カイトからの絶妙なクロスを真ん中にいたシャビ・アロンソがスルー!
ファーにいたバベル!
決定的だったが外してしまった…
これこそが彼が今Redsに置かれているポジションを証明している…
結局このまま長いホイッスル!

Redsが引導を渡すこととなったが、
改めてこのチームのプレーヤー、サポーター、スタジアムの雰囲気…
どれをとっても素晴らしいチームだ!
このチームは必ず1年でまたこのステージに戻って来てくれる事だろう…
私はこのチームが大好きになった!
[PR]
by jicchan1968 | 2009-06-27 09:24 | サッカー