イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

やっぱりこっちだった(笑)

昨日の朝、名勝負を観た後は「シャルケvsミラン」と決めていたのだが、
リピートの枠の録画の問題でレアル戦に変えたのがやはり失敗であった。
録画なら15分で「ダメだこりゃ」で消せるし、時間を有効利用出来たのに・・・
と悔やんでもしょーがないが、昨夜そのミラン戦を観た。

開始0分、もっと正確に言えば20~22秒くらいだろうか早くもゴールシーンが生まれた。
名勝負では90分間観る事が出来なかったものが(笑)
「やっぱこっちだったよ」と呟く間にシャルケに同点ゴールが生まれた。
アンチミランでは決してないが思わず「よしっ!」と言ってしまった(笑)
その後もノーガードの殴り合いとという展開にはならなかったが、
大変面白いゲームであった。

アレーナ・アウフシャルケ。
一昨シーズンにあの偉大なる男がポルトというチームを頂点まで登らせ、
トロフィーに軽い口づけをした後、そっとメダルを取り、一人静かに帰る姿が目に浮かぶ。
「俺のここでは仕事は終わった」と語りかけるように・・・
03-04シーズンの決勝の舞台に相応しいゲームをHOMEチームが魅せてくれた。
ビールを飲んだ熱いサポーターは相手がどこであろうと勝ち点「3」を期待しただろうが・・・

私はシーズンに入る前はミランは最もトロフィーに近いチームの一つだと思っていた。
カカの成長とピルロが奏でるハーモニーにビエリとジラルディーノというアクセントを
新たに手にしたこのチームを・・・
しかし、ユーヴェの相変わらずの的確な補強で安定感というものはより磐石になった。
まだ序盤だしこの場でこういう事をいうのはよくないのだか、敢えて言う。
ミランのCL、スクデットはない。
そう感じた試合であった。

日曜日にはまた"名勝負"が待っている。
その後も今度は「ユーヴェvsインテル」なので昨日のようなくそまずいデザートとは違い、
めちゃくちゃ旨い本場イタリアの極上ピッツァとパスタを食べれる事だろう(笑)
[PR]
by jicchan1968 | 2005-09-30 10:16 | サッカー