イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最後のテストマッチは… ~England vs Japan

e0055069_21303554.jpg

UPC アリーナ。
メキシコ戦を見逃してしまった…
スタメンはGKジェームズ。
DFは右からジョンソン、ジョン・テリー、リオ、アシュリー・コール。
中盤はセンターにランパードと注目ハドルストーン。
左レノン、右ウォルコットか。
2トップはベントとウエイン・ルーニー。

弱小日本が相手だが、気を抜かずに戦って欲しいところだ。
引いた相手に対し、どれだけ突破出来るか…
ハドルストーン、レノンに注目したい…
相手は本田以外全く興味はない…
というか大久保、中澤くらいしか知らない…
果たして…

開始7分。
CKからやられた…
グラウンダーのボールにトゥーリオ!
日本先制…
前半はまさかの0―1での折り返しとなった。

後半に入り、カペッロが動いた。
ジェームズ→ハート、グレン・ジョンソン→ジェイミー、ハドルストーン→スティービー、
ウォルコット→ショーン・ライト・フィリップス、ベント→ジョー・コール。

51分。本田がキレのあるいいシュートを放つ!
危なかった…
55分。ゴール前のFK。
本田が手でブロック!PKだ!
しかしランパードのシュートを止めた!
テストマッチとしては最高の展開だ…
65分。岡崎という選手に代わり森本が入った。
知っている選手だけに楽しみだ…
すると67分。
本田から森本!
決定的な場面だった…
71分。大久保に代えて松井。
すると右サイドを突破したジョー・コールからのクロスにトゥーリオ!
ゴォ~~~ル!
Own Goalだ…
いずれにせよようやく追いついた。
76分。レノンに代えてヘスキー。
83分。アシュリー・コールのクロスに中澤!
ゴォ~~~ル!
日本3得点!
イングランドも1点取りたいが…
86分。遠藤という選手に代わり玉田。
89分。右サイドスティービーから最高のクロスだったが、合わせられない…
結局このまま長いホイッスル!

イングランドのゴールがなかったのが残念だった…
アンカーを努めていたギャレス・バリーが抜けた穴は予想以上に大きいのかもしれない…
ランパード&スティービーのセンターコンビはやはり時間がない…
サイドのレノン、ウォルコットは有効だが、
代表ではスティービーの鋭いクロスの精度を考えるとサイドでの起用がベストなのかもしれない…
一方、対戦した日本。
6~7年ぶりに観たのだが、思っていた以上に頑張っていたように思った。
へなちょこな『10』がいなかったせいかチャンスを作り、フィニッシュまでいけていた。
特に『2』は要所要所で効いていた。
注目の本田は後半こそ前がかりになったイングランドのスペースを上手く突いていた。
特にトゥーリオから本田へのいいフィードが目立った。
これが日本のホットラインの一つだろう…
初めて見る選手だったが、ランパードのPKsaveを含め、GKも良かったと思う。
得点力不足と言われている日本相手にイングランドが逆の課題を突き付けられた状況だが、
予想以上に課題が浮き彫りになった有効なテストマッチになって良かった。
特にグループリーグでは強豪のいないイングランド。
相手をなめてかからないようにする意味でもいいお薬になっただろう…
[PR]
by jicchan1968 | 2010-05-31 21:33 | サッカー