イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ロンドンへ向け、なでしこ始動。 日本 vs タイ

中国、山東。
いよいよ世界王者として挑むなでしこジャパンの大事な戦いが始まる。
初戦は格下と言われるタイ。
初戦というのは本当に難しい…
ピッチャーでも立ち上がり、力士でも初日というのが最も難しいと言われている。
ましてや、世界王者となり、国民栄誉賞を受賞し、注目度は全く異なる。
超過密日程、追われる立場での厳しい道を突き進み、行こう!ロンドンへ!

前半、立ち上がりから攻めるが、こういうゲームでは先制点が難しい…
致命的なミスパスから危ない場面はあったものの、前半はスコアレス。
おそらく30分を回った辺りから、
『やっぱり澤、宮間が居ないと…』という焦りも感じられた。

後半、やはり則夫さんが動いた。
なでしこの飛車角の一枚、背番号『8』宮間が入った。
するとやはり鮫島との左サイドが起点となり、
絶妙なボールタッチから、精度、質の高いパスが生まれる。
逆に右サイドのマギーでリズム感が失われる…
大野投入と私が思っていた瞬間、先制点が生まれた。
61分。浮き球のパスに走り込んだ川澄ちゃん!
ゴォ~~~~~ル!
待望の先制点!
まさしくゴールにパスというような流し込んだシュート!
川澄ちゃんの笑顔がいい!
65分。マギーに代わり大野投入。
引いた相手には大野のドリブルでの仕掛けが効果的だ。
DFを引きつけ、空いたスペースを使えると共にミドルもある。
71分。宮間のしびれるようなラストパス!
しかし永里が決められない…
74分。再び宮間のしびれるスルーパスに走り込んだ大野がダイレクトで中へ!
上尾野辺のヘッド!
決定的な場面だったが、GK good save!
すると則夫さんが2枚目のカードをきった。
永里に代えて安藤。
スペースへの走り込みが期待出来る。
そして何より彼女自身、ゴールという結果が欲しいであろう…
75分。宮間のCKがファーに流れて田中!
ゴォ~~~~~ル!
2-0!
待望の追加点!
その後もチャンスはあったが、90分。
田中のスルーパスに抜け出した大野!
最高のクロスをオウンゴール。
またしても安藤のゴールにはならなかったが、貴重な3点目。
こうした予選では得失点差が重要となる。
結局、このまま長いホイッスル!

プレッシャーはあったものの、無事、勝ち点『3』を手に入れた。
前半は固さはあったものの、やはり背番号『8』宮間が入った後半は決定機が増えた。
もうちょっと鮫島から永里へのクロスなどサイドからの攻撃が観たかった。
大野、安藤というキープレーヤーの存在も大きい…
マギー、宇津木はよくなかった…
ベンチで観ていた背番号『10』の心配そうに観ていた前半の表情が全てを物語っていた。
いずれにしてもいい結果で良かった…

日本 3-0 タイ

Goals; 川澄 61 田中 75 クワントゥルタイ(og) 90
[PR]
by jicchan1968 | 2011-09-05 22:56 | サッカー