イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

かすんだ"青"と光り輝く"青"

「ブルー・ダービー」とは言わないのだろうが、今シーズン相変わらずの快進撃を続ける
光り輝く"青"と昨シーズンが嘘のように低迷を続けるかすんだ"青"・・・。
まさか・・・と試合前少し嫌な予感がした。
開始20秒。早速光り輝く"青"がシュートを放つ。エッシェンだ。
しかし、さすがにグディソン・パークのサポーターは熱く、
最下位にかすむ青いチームに熱い声援を送る。
サポーターは12番目の選手とはよくいったもので、何よりも心強く有難いものだろう・・・
13分。そんな大声援に応えるべくコーナーからどんぴしゃのヘッド!
しかし、光り輝く青い壁はそう簡単に崩れない。カウンターからS・ライト・フィリップス、
流れたボールにゴール正面、ランパードがどフリーだったがボールは来なかった。
もし来ていれば結果は違っていただろう。
21分。テリーの鼻から血が流れているのが見えた。折れてはいないだろうか?心配だ。
31分。相変わらず質の悪いファーガソンが格闘技のようなプレーでファウルを受ける。
ハッスル・マニアで和泉元彌と戦って欲しいくらいだ(笑)
かすんだ青いチームもHOMEチームを鼓舞するサポーターの後押しからか
ケーヒルが倒れ、PKのチャンスを得る。かすんだ青が一瞬、輝いた。
光り輝く青から1点を奪った。
マージーサイドの美しい"赤"いチームを愛する私にとって、
調子に乗っている青いエバートンが許せない。スタジアムのサポーターもだ。
何より全てが許せない。現実を早くコイツらに見せてくれと願ってしまった。
千葉ロッテのように10点取ってくれ~!チェルシー~~~~!(笑)
何故なら絶対王者がこのすくんだ青いチームとロンドンのセンスの悪いエンジ色のチーム
にだけは絶対に負けて欲しくないからだ。
1分1秒でもかすんだ青が調子に乗っているのが不愉快でたまらなかった。
しかし前半終了。1-0。
ボルトンがいくらスタンフォード・ブリッジとはいえ、前半を1点リードして後半5点取られた
のであれば、AWAYであっても6、7点取ってくれ~~・・・
49分。スローインから流れたボールにランパード!思わず立ち上がって手を叩いた(笑)
同点ゴール。綺麗ないかにもフランクらしい豪快かつ気持ちいいゴールだった。
57分。ジョゼが動いた。グジョンセンだ(OUT S・ライト・フィリップス)。
そろそろ私の好きなエッシェンのゴールでも観たいと思った。
しかし時計は刻々と進み、試合前の嫌な予感が現実となってしまった。
1-1。STOP・THE・CHELSEA。
絶対王者の連勝を止めたのはくしくもかすんだ青だった。
試合が終わり、上空にはいつもの"グレー"な曇り空ではなく、
晴れ渡る"青"空が見えていた・・・。
[PR]
by jicchan1968 | 2005-10-25 13:32 | サッカー