イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

久々のカルチョ「Inter vs Roma」

スタデュオ・ジュゼッペ・メアッツァ。
どちらもリズムもつかめないまま、9分。レコバが持ち込み、フリオ・クルスorフィーゴの
選択肢からストライカーのクルスを選びラストパスもフィニッシュには至らなかった。
12分。コルドバの裏をつきタッディ→モンテッラ!あっさりとAWAYのRomaが先制した。
これだけ早く試合が動くとは予想外だった。
15分。レコバがセンターで味方の上がりを待ち、反転ドリブルへ。
キヴがたまらずファウルで止めるしかなかった。
ちょっと距離があったがこの距離はレコバの距離!と思ったがベロンの顔に似合わない
(ゴメン顔は関係ないね(笑))柔らかいパスでがっかりした。
18分。フィーゴが左サイドをドリブルで駆け上がりペナルティーボックスへ。
元気そうで何よりだ・・・。
20分。ベロンからカンビアッソ!アルゼンチンホットラインもオフサイド。
24分。Interがペナルティボックス内で絶妙のパス回しでフィニッシュへ。
しかしその直後Romaも効率の良いカウンターでフィニッシュまで持っていった。
Romaのリズムは悪くない。
27分。レコバから"決めて下さい"パスもクルスのヘッドはクロスバー!決定的だった。
その直後にようやくレコバの豪快なフリーキックが観られるも枠の外。
30分。トッティが左サイドを持ち込み何処へ出す?何処へ出す?と見せかけ、
中央へ切り込み、GKの位置をちらっと確認し、ループ!いやらしい~!(笑)
思わず「うわぁ~」と声が出た。This is TOTTI.
その後もRomaがカウンターからモンテッラが決定的な場面があったが九死に一生を得た。

後半たまらずマンチーニが動いた。アドリアーノを投入(OUT ゼ・ロベルト)
さぁInterの反撃!と1分もたたないうちにマテラッティがやってしまった。PK。
今日のっているトッティが外す訳がなかった。0-3。どうした!Inter!
54分。フィーゴのコーナーからチャンスを迎えるもゴールを割れない。
67分。Interにフリーキックのチャンス。アドリアーノの距離だ。
蹴ってくれ!と思ったとたんズドン!声すら出なかった(笑)ようやくInterが1点を返した。
77分。GKドニの手に入ったボールがするりとこぼれた。
Romaにとって最悪だったのはゴールに飢えたアドリアーノの前に落ちたことだ。
サッカーの神様は面白くしてくれたものだ。2-3。
87分、マルティンスの決定的なチャンスも、
89分、コーナーからマテラッティのヘッドも決まらない・・・。
ロスタイムも残り1分をきった頃だろう。狂犬が顔を睨み合わせるようにベロンとトッテイの
頭突き合戦だ。結局、喧嘩両成敗で2人共レッドカード・・・。
絶好調だったトッティがこんな形でピッチを後にするとは本人が一番思っていなかっただろう。
後味の悪い、何ともセリエAらしい試合となってしまった。
やっぱりプレミアがいい(笑)
[PR]
by jicchan1968 | 2005-10-28 13:15 | サッカー