イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イタリア人対決。でも主役は… ~ Manchester City vs Chelsea

e0055069_6461792.jpg

Etihad Stadium。
ELを敗退し、スウォンジーにも足元をすくわれたCity。
一方、監督更迭という荒療治でCLを大逆転したChelsea。
対照的なチームだが、どちらもイタリア人指揮官となった。
しかし、今日の注目はアルゼンチン人ストライカーであろう…
カルロス・テベス。

ゲームは8分。中央からナスリ!
GKチェフも何も出来なかったが、シュートはクロスバーを叩いた。
まだChlseaに運があるのか…
20分。Chlseaにアクシデント。
代えてくれというジェスチャーをしていたイバノビッチが下がり、
ボジングアが入った。
29分。ランパードからバロテッリへプレゼントパス!
完全に抜け出したが、決められない…
その後のCKも活かしきりないCity。
Cityにとっては嫌な流れだ。
この流れを断ち切るにはやっぱりあのアルゼンチン人の投入か?
結局、前半はこのまま終了。
Cityはビックチャンスを活かせなかった。
一方のChlseaは大きなミスや完全に崩された場面もあったが、
無失点で終える事が出来た45分であった。
FA Cupで点をとったとはいえ、
背番号”9”には相変わらずゴールの匂いは全くしない。

後半、バロテッリを下げ、バリーを投入したマンチーニ。
58分。ラウール・メイレレスを下げエッシェン。
60分。CKのこぼれ球にケイヒル!
ゴォ~~~~~ル!
Chlsea先制!
ケイヒルのシュートがトゥレ兄弟に当ってコースが変わった。
やはりチャンスをモノにしないとこういう展開になる。
どうする、マンチーニ。
あの男しかいないだろう…
65分をまわり、デ・ヨンクに代わり、カルロス・テベス。
マンチーニがテベスの肩に手を回し、指示する…
まさかこんな絵が再び見られるのは…
73分。ディ・マッテオが最後のカードをきった。
色褪せたストライカーに代えてドログバ。
75分。マタがキレのあるシュート!
すると76分。マンチーニも最後のカードをきる。
シルバに代えてジェコ。
77分。CKからサバレタのシュートにエッシェンがハンド!
PK!アグエロが落ち着いて決めて、City同点!
85分。ナスリからテベス、壁になってナスリ!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
テベスが帰って来た!
決勝ゴールはナスリだが、主役はテベスだ!
最高のお膳立てだ!
94分。アグエロがよく粘り、シュートまで行ったが枠にはいかない…
すると待望の長いホイッスル。

終始ペースを掴んでいたCityだが、
チャンスを活かせずアンラッキーなゴールで先制された。
しかし、テベスが入り、アグエロがPKを落ち着いて決め、
テベスが最高のお膳立てでナスリのゴールを生んだ。
コンディションはまだまだかもしれないが、
Unitedとの大一番には十分間に合うだろう。
Unitedを破っての悲願達成は、
マンチーニの夢やサポーターの夢でもあるが、
あの赤いユニフォームに別れを告げた男、
カルロス・テベスにとっても一番の夢であるにちがいない…

・Barclays Premier League
Manchester City 2-1 Chelsea
Goals;Cahill 60 Aguero(pen) 78 Nasri 85
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-22 06:46 | サッカー