イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Wayne Come back! ~England vs Ukraine

e0055069_824224.jpg

ドネツク。ドンバス・アレナ。
ウエインが戻って来たイングランド。
ウェルベック、ヤングらとシーズンを戦って来た仲間と、
またスティービーとの連携がとりわけいいウエインには
どうしても期待が集中してしまう。
一方のウクライナはシェフチェンコがいない!?
怪我?いやいやテリーとアシュリー・コールを見て
忌わしきロンドンでの日々を思い出して戦力喪失したのだろう…

7分。大歓声を背中に調子に乗るウクライナがミドルシュート!
オランダでも3連敗があるのだから、油断は禁物だ。
15分をまわっても調子に乗るウクライナ。
30分までに先制して昨夜の風のようにうるさい歓声を黙らせたい。
26分。ベンチにいるシェフチェンコをカメラが捉えたが、
やはりロンドンにいる時と同じで怯えているような眼差しだ。
28分。ようやく左サイドヤングのクロスにウエイン!
やっと形らしい形がフィニッシュまで出来た…
32分。スティービーのCKにジョン・テリー!
フリーだったが、抑えが効かず、やや高かったか…惜しい!
結局、前半はスコアレスでの折り返しとなった。

後半の立ち上がり、分。
CKのこぼれ球を拾ったジョンソンからスティービー。
低めのクロスにウエイン・ルーニー!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
イングランド先制!
ウエイン・ルーニー・イズ・カムバック!
64分。ジョン・テリーのスーパークリアの後、
ウエインのFKも枠には行かなかった…
68分。アシュリー・コールのシュートもGK save!
69分。ミルナーに代えてウォルコット。
70分。遂に背番号『7』シェフチェンコ登場!
82分。ウェルベックを下げてポニーテール。
キャロルには今日もRedsでは見せたことないような
強烈なヘッドか強烈な左足シュートを見せてもらいたいものだ…
87分。ウエインが御役御免となりチェンバレンが入った。

結局このまま長いホイッスル!
イングランドは守備面ではこのグループステージで良かったが、
攻撃のリズムや主導権を握るゲームはあまり出来なかった。
とはいえ確実にこのゲームをモノにし、首位通過は立派だ。
ウクライナは一生『あれはゴールだ!』って言うかもしれないが、
こっちはワールドカップの舞台で、もっともっとそれはそれは
完全なる2000%のゴールを認めてもらえなかった。
それを今更言ってもしょーがないし、それに比べれば全然微妙だし、
そういった判定を含めて色々語れるのがフットボールなのだから…

England 1 - 0 Ukraine
Goals; Wayne Rooney 48
[PR]
by jicchan1968 | 2012-06-20 08:01 | サッカー