イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NOLAN NOLAN NOLAN!

リーボック・スタジアムに迎えたのは好調スパーズ。
残念な事にヒデは連戦を考慮し、スタメンから外れた。
31分。ディウフ、デイビスが落としたところにケビン・ノーラン!お得意のポーズで先制した。
40分。ディウフからケビン・ノーラン!今度は惜しくもポスト直撃。
前半を振り返るとミド、デフォーに仕事をさせなかったのが一番で、
ワンダラーズが本当に今の好調さを物語っていたのが印象的であった。
後半開始早々、デイビスOUT。ボルゲッティ投入はあったもののゴール前で粘りを観せる。
しつこい攻めだ。
57分。ミドがペナルティーボックスにドリブルで持ち込みシュート!
続いてダーヴッツが持ち込む場面も観られちょっと流れが・・・と思ったところで59分。
ビック・サムはキングに踏まれたヤンナコプーロスに代えヒデを投入。
61分。スパーズもイ・ヨンピョに代え、ロビー・キーンを投入。
ロビー・キーンは観たいがイ・ヨンピョはヒデとのマッチアップを含めまだ観たかったが・・・
68分。右からのクロスにタイニオがフリーでシュート!危ない場面ではあった。
73分。ゴール前、ヒデがボールを戻したところからチャンスを迎えた。
78分。ヒデとダーヴッツのマッチアップを観ているとどうしてもセリエAデビュー戦となった
ユーヴェ戦を思い出してしまう。ホイッスルの後、ダーヴッツがヒデに
「お前すげぇよ、絶対セリエAでやっていけるよ」と言わんばかりの表情でユニフォームを
交換したあの頃を・・・この試合でもおそらく交換するのだろう。
82分。逆サイドで流れたボールがコーナーポストに当たりオンライン。
そのツキを生かし、センタリングしたボールから決定的な場面だが、
ゴールポストに助けられたのはワンダラーズ。肝を冷やすような場面だ。
その後も場面、場面でヒデのディフェンスが目立った。
ロスタイム。ヤースケライネンのポストに当たるプレーはあったものの1-0。
ワンダラーズは難敵スパーズに競り勝った。
[PR]
by jicchan1968 | 2005-11-12 13:29 | サッカー