イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NEDVED,Do you have a ticket?

やっぱり起きてしまった(笑)
そこにワールドカップ欧州予選<最終章>がある限り・・・
まぁ~さすがにLIVEではないが5時過ぎと約1時間遅れで自然に起きてしまう。
何故だろう・・・果たしてチェコはいよいよHOMEでticketを手にする事が出来るのか・・・

試合は立ち上がりAWAYで1点を追うノルウェーが決定的なチャンスを迎えた。
まだ開始1~2分であった。ここでもし決まっていれば・・・
11分。ゴール前ちと距離があるがネドヴェドの距離だ。FKは2バウンドをしてGKへ。
序盤15分を終わって感じたことはチェコがかなり慎重に入った感がある。
当然の入り方なのだろうがボクシングの世界チャンプが3R辺りまで相手を見るように・・・
気になるのはネドヴェド、バロシュはいいがポポルスキー、特にロシツキが硬く見える。
29分。ノルウェー、チャンスを迎えるも左サイドを駆け上がったリーセにボールは出ない。
33分。再びノルウェーがセカンドボールを拾い、ボレー!枠は捉えられなかったが、
フィニッシュできっちり終えている。一方のチェコはなかなかシュートが撃てない・・・
と書いていたら35分。右サイドからペナルティボックスまで持ち込んだバロシュが潰され、
セカンドボールをロシツキがボレーで振り抜いた!HOMEのチェコが先制!
大きな大きな先制点が入った。7Rダウンを奪ったというところであろうか。
ノルウェーも立ち上がりだけはよかったがその後はまごまごした攻めが続く。
もっとカリューの高さを活かし、速いカウンターからセカンドボールを狙うシンプルな攻め
でもいいんじゃないのか?むしろその方がチェコにとっては怖いであろう。
ロスタイム。CKからのこぼれ球からあわや同点ゴール。怒涛の攻めだがホイッスル。
前半終了。1-0。
後半60分までにノルウェーが1点を取れば全くわからなくなる。

52分。右サイドからカリューのヘッド!惜しい場面だ。しかしまだ時間がかかっている。
61分。ようやくいい攻めがノルウェーに見られた。
カウンター気味に右サイドを駆け上がり早目のクロス!これを今からでも続ければ面白い。
72分。またしても右サイドからカリュー!決定的だったがGKは守護神・チェフ。
super saveでこのピンチを防いだ。
いよいよ残り時間も10分を切った。ピッチを映すカメラが揺れている。
87分。左サイド高い位置でリーセが倒れている。おいおい・・・心配である。
ノルウェーとしては1分1秒でも急ぎたいのに起きて来ない・・・。頼むよリーセ・・・
頭を打っているだけに心配だ。正直ロスタイムに入り試合よりもリーセが心配だ。
一サッカーフリークからレッズ関係者に戻ってしまう。
ネドヴェドがセンターサークル付近で両膝を地面につき、高々と両手を挙げた。
遂に、遂に、遂にワールドカップの舞台に立てる。
コレルが松葉杖で選手に労いの言葉をかけていたのは痛々しいが彼が戻れば
ネドヴェドが戻った今、優勝も決して遠くはない。
因縁の対決「チェコvsオランダ」の決勝・・・いやいやブラジルもイングランドもいる。
とにかく楽しみなチームが本大会出場を決めてくれた。

さぁ~今夜はいよいよ一番熱いであろうトルコ・イスタンブールへ!また遮断だぁ(笑)
[PR]
by jicchan1968 | 2005-11-17 07:28 | サッカー