イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

久々のニューキャッスル!でも・・・

WCプレーオフでのBreak明けとなった注目の試合。
王者チェルシーがHOMEに迎えたのは私がオーウェン・シアラーを観たくてしょーが
なかったニューキャッスル。
スカパーではどうしてもチェルシー、マンUを中心に放送してしまうので残りの枠が
まわってきてもレッズ戦がやっという状況であるのでなかなか観る事が出来ない。
楽しみな一戦と思ったが回線の故障とやらで映し始めたのは既に開始7分を過ぎていた。
しかもその映像からマケレレが痛めている。
よく観るとシアラーはおろかオーウェンも出ていない。
アメオビも嫌いではないが私の楽しみは半減どころか激減してしまった。
試合の方はニューキャッスルのプレスがキツく緊張感のある前半であった。
しかしそこはチェルシー再三チャンスを奪う。
やはり試合の途中からいきなり観せられると私もなかなか入りにくい。

後半47分。高い位置からグジョンセンからジョー・コールへドリブルからシュート!
真ん中クレスポもフリーであったがファーにもダフがいた。
ジョー・コールも前半物凄いスライディングタックルを受けていただけに燃えていただろう。
51分。前半抑えられていたランパードがカウンターからフリーのクレスポへ!
この男は外さない。久しぶりにまた絶対王者の怒涛のゴールラッシュとなってしまうのか。
やはりランパードにあのように自由に持たせてしまっては必然の結果となってしまう。
76分。その後ここまで追加点は奪えていないがランパードが自陣深い位置まで
戻ってのディフェンス。彼の働きには本当に頭が下がる。
このまま終了かと思った89分。ダフがダメ押しの3点目。
絶対王者の健在ぶりを魅せつける形となった。

何度もとなってしまうが絶対的な差は勿論だが、前のタレントの違いもあったと思う。
シアラー&オーウェンがいたら勝ち点の結果は一緒だったかもしれないが、
中身は違っていたであろう。あ~・・・観たかったなぁ~・・・
[PR]
by jicchan1968 | 2005-11-23 11:51 | サッカー