イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

マージーサイド・ダービー!

e0055069_1120488.jpg
いよいよダービーだ。
昨シーズンはCL枠を賭けての4位5位争いであったが、
今年はエバートンが実力を露呈しての対戦となった。
しかしどこのダービーでも互いの順位は全く関係なく、
独特の雰囲気、プライドなど特別な要素が多いガチンコ対決である。

この日のスタメンは、左SBにワーノック、中盤はシソコを入れ、トップはシセとクラウチ。
強烈な日程を考慮し、当然ローテを組んで来た訳だが、昨シーズンの悪夢のような怪我人
のことを考えると何故か贅沢な気分になってしまう・・・。

開始早々、右サイド深いところでのFK。ファーのシセに合わせダイレクトボレー!
枠にはいかなかったが、彼らしいオープニングシュートとなった。
3分にもジェラードの気持ちの入ったスライディングが青のユニフォームを着た観客の
気持ちを煽るような深いタックルだ。怪我をしないでくれよ、スティーブン!
11分。早くも歓喜の時が来た。スティーブンが魂のこもった優しいヘッドパスで
スペースへ走り込んだクラウチ~!気持ちいい~・・・
Liverpoolらしい何とも美しい先制点であった。
17分。右サイドに流れたフィナンのクロスのリフレクションを拾ったスティーブンが
ワントラップして振り抜いた!ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
This is Steven’s goal ! Wonderful ! 気持ち良過ぎです!(笑)
まさしく彼にしか出来ない真骨頂。
終盤1点を返したエバートンが息を吹き返し、マージーサイド・ダービーらしい
激しい後半になるような期待がもてる。
勿論、宿敵エバートンに点を取られるのは気持ちよくはないが・・・

後半開始早々、左サイドを抜け出したシセが冷静に一人交わしてゴール!
シセは出場機会が少ないながらも結果を出している。
HOMEのエバートンがさぁ追いつくぞという矢先の相手へのダメージも大きい
貴重な追加点となった。
57分。キャラガーがキルバーンに明らかに削られたがイエローも出ない。
まさしくプレミアだ。
65分が過ぎ、試合も決まりかけた感があったが67分にネビルが2枚目のイエローで
退場。ほぼ試合は決まったが、イエローの多発により怪我をしなければいいが・・・
77分。クラウチに代えモリエンテス。80分にはキューエルに代えリーセ。
85分。スティーブン・ジェラードに代えルイス・ガルシア。
予想通りというか実力通り、Liverpoolがmerseyside derbyを制した。
終了間際のアルテタのレッドカードがエバートンの後味の悪さを誇張していた。
大晦日はanfieldに戻ってWBAを迎え撃つ。
男祭りの大一番の後、カウントダウンも聞かずLiveで観る予定だ。
[PR]
by jicchan1968 | 2005-12-30 11:21 | サッカー