イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あの人がいないと・・・

「マンチェスター・シティ vs チェルシー」

昨シーズン"絶対王者"を唯一止めたのがマンチェスター・シティである。
選手たちに苦手意識はないだろうが、果たして・・・

幾ら年末年始の過酷日程とはいえスタメンを見て驚いた。
いつもいるはずのというか休むという事を知らないような男の名前がなかった。
「フランク・ランパード」
昨シーズンいい試合をしたシティにとってはまたしても好材料であろう。
試合の方はやはりというかシティの引いた守りが目立ち、スペースをつけない。
時間だけがダラダラと過ぎてしまい前半が終了。

後半に入っても流れはあまり変わらない。
ロッベンもサイドを数的不利な守りにあい、えぐれない。
これは0-0であろう。しかし開幕戦の事があるし・・・と思っていたら79分。
まさしく一瞬をつき、ゴール前に流れたボールにジョー・コール!
私でもあの位置にいれば決められるようなところに転がってしまった。
もったいない・・・。しかしこれがチェルシーであり彼らが"絶対王者"と言われる所以だ。
結局、後半は枠内シュートがなかったもしれないようなシティは勝ち点を獲れなかった。
逆にモウリーニョ・チェルシーはようやくシティから初の勝ち点「3」をAWAYで奪った。
それにしても彼の存在価値が嫌という程わかった試合である事には違いないだろう。
偉大なるチェルシーの背番号8・・・
[PR]
by jicchan1968 | 2005-12-31 12:18 | サッカー