イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Kewell ,Beatiful goal !

e0055069_1421552.jpg
いよいよ注目の大一番。スパーズ戦だ。
White Hart Laneでの試合が日本では
中継がなかっただけに有難い(笑)
スタメンは左SBにリーセ、中盤はジェラード、キューエル、
中にシソコとシャビ・アロンソ。2トップはクラウチとモリエンテス。
モリエンテスが復帰したのだが果たして・・・

8分。高いプレスでリズムを掴んでいたRedsが右サイドからのスティーブンのFK
からファーにいたクラウチへどんぴしゃヘッド!
決定的な場面であったが惜しくもGKロビンソンの正面。
17分から18分。スティーブンがボールを持ち鋭いカウンター。
クラウチ、モリエンテス、キューエルが一斉に走り出す壮観なカウンターだ。
29分。何気ないプレーではあるが相手のミスでGKロビンソンに返したボール。
プレスをかけタッチラインを割った。かけたのは誰であろうシャビ・アロンソである。
モリエンテスの惜しいヘッドはあったが前半を終わって0-0。

後半開始早々肝を冷やした。
F.A CUPのルートン戦のVTRを観ているような・・・いや~助かった。
53分にもイ・ヨンピョが抜け出しラストパス。まずい・・・完全にスパーズの時間帯だ。
しかしクラウチのシュートから嫌な時間帯を乗り越え、徐々にRedsの時間帯へ。
そして・・・58分。遂にこの男に待望のゴールが生まれた・・・ハリー・キューエル。
1月以降の後半戦。私はkeyplayerとして第一に彼の名前をあげた。
ゼンデンの今シーズン絶望の今、彼にかかっていると思っている。
このゴールを機に更なる進化と左サイドのえぐりそしてゴールを見せて欲しいものだ。
その直後ミドも素晴らしいシュートを放ったがGKレイナのGoodsave!助かった。
66分。笑ってしまった(笑)何だあの頭は?(笑)クラウチに代わって入った。
F.A CUPのPK失敗での変化であろうか・・・
今日のプレーで頭以上に目立ってもらいたいものだ。
68分。右CKからリーセの強烈なダイレクトボレー!
誰かに当たっていなければさすがのロビンソンも動けなかったかもしれない。
87分。カウンターからキューエル!倒され一発レッド。Staltri退場。
ロスタイムに入り、シソコに代わりヤン・クロンカンプがお披露目で登場。
しかしロビー・キーンのヒヤッとする一発もあったがホイッスル。
難敵スパーズに勝ち点「3」を拾った。
とにかく相手がスパーズであのF.A CUPの直後の試合であっただけに本当に良かった。
キューエルの今後の更なる活躍に期待したい。
[PR]
by jicchan1968 | 2006-01-15 14:06 | サッカー