イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

No more this game・・・

e0055069_22122165.jpg
今週はミッドウイークにプレミアの開催があるが、
Reds戦の放送予定はない・・・
そんな中このF.A CUPの放送は本当に有難い。
(CXありがとう)

4回戦の対戦相手は目下プレミアでかなり苦しいポーツマス。
しかしこのカップ戦という一発勝負は怖い。
3回戦もルートン・タウン相手にまさかの3失点。
日本でもよく天皇杯で東京ガスや松下電器が快進撃をしたように(古っ(笑))
トーナメントというものは本当にわからない。

Redsのスタメンは右SB初スタメンのクロンカンプ、左ワーノック、
中盤はシソコ、ジェラード、シャビ・アロンソにリーセ。
2トップは久々のコンビとなるシセとモリエンテス。
勝つのが第一だが理想としては60分までに3点差をつけてジェラードとシャビを
休ませたいというのがRafaの本音であろう・・・出来ればキャラガーも(笑)
やはりというか予想以上?予想外?にシセとモリエンテスが仕事しない。
いいボールも入らないし、仕事をさせてもらえないいやしていない・・・
いい加減シュート撃ってくれよ!と叫びたくなる展開だ。
これはヤバイと思っていたが、LuckはRedsにやって来た・・・
36分。焦る事ないポーツマスがペナルティボックス内でやってしまった・・・ハンド。
ポーツマスにとっては何とももったいない、Redsにとっては何よりも有難いPK。
スティーブンがセットしてホッとした。彼なら間違いない!難なく決めた。
追加点は厳しいかと思われたが、41分。リーセの強烈な左足が炸裂!追加点を奪った。
3点目を奪えそうな場面もあったが何とも効率の良い攻めで0-2。前半を終えた。

しかしピッチが悪い事も影響しているだろうがそれにしても攻められない。
案の定というかポーツマスに早々に1点を返されてしまう。まだ54分だ。
頼むからいい攻めを魅せてくれ!再試合だけは本当に御免だ・・・
いつもであれば見ながら書くのだが書く手が止まってしまう・・・
いやぁ~・・・勝つには勝ったがどちらが上位チームかわからない内容だ。
しかし何よりも結果として勝った。これが一番重要だ。e0055069_22134696.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-01-30 22:15 | サッカー