イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

強過ぎる・・・

e0055069_8175671.jpg
いよいよだ。
"名勝負数え歌"と私が題した"青"と"赤"の対決である。
"絶対王者"チェルシーは怪我明けのエッシェンを復帰させて来た。

やはり寒波の影響でスタンフォード・ブリッジのピッチも酷い状況だ。
この名勝負の舞台としては残念な事だが仕方ないであろう・・・
やはり8分を過ぎようとしても未だシュートチャンスすらない激しい中盤での取り合いだ。
CKを得たLiverpoolも分厚い壁に阻まれる。
12分。右サイドキューエルの落としたボールにジェラードのダイレクトクロス。
クラウチにどんぴしゃではあったがそこは守護神チェフ。
14分。Chelseaはロッベンは初シュートを放つ。
17分。ジェラードのCKにヒューピア!しかしカバーもあり枠を外した。
19分。右サイドフィナンが深くえぐりクリアされたボールにジェラード!
惜しくも枠にはいかなかったが、彼の真骨頂と呼べるタイミングのシュートだ。
その後のCKでもクラウチがシュートまで持ち込んだ。
ランパードもこの試合の動きはやはりここ数試合と違うような気がしてならない。
24分。シャビのFKからヒューピアがヘッドで合わせ、クラウチ!
しかしフリーで打てる状況には当然させてはくれない・・・
30分。少し前が空いたところでシャビがミドルシュートを放つも枠を捉える事はなかった。
30分を過ぎても独特の緊張感である・・・まさににらめっこである。
34分。緊張した若いラインズマンをジョー・コールが誉めている。
しかし表情はこわばったままだ・・・その直後のCK。競ってこぼれたボールにギャラス!
先制点がChlseaに生まれてしまった。
その後もウォーノックの緩いディフェンスをつき、ジョー・コールがシュートを放つ。
いや~角度はなかったが決定的な場面だ。
42分。右サイドのジェラードから強烈なクロス。そのリフレクションにキャラガー!
強烈なシュートであったが壁が立ちはだかる。
45分。テリーのヘッドにクレスポ!しかしオフサイド。肝を冷やした。
前半が終わって1-0。
Liverpoolは14-30分の間のペースの時間帯に取れなかった事がこの結果であろう。

後半に入ったがRafaは動かない。
49分。左サイドのジェラードから最高のボールが入ったがキューエルはシュートしない。
そして結局戻したボールにシソコがふかした。何故撃たない。
いくら角度がないとはいえ・・・
51分にも混戦からジェラードの強烈なシュート。
54分。左サイドから切れ込んだロッベン!やはりあのスピードは怖い。
わずかに枠を外れたが危ない場面であった。
62分。左ロッベンからのクロスにフリーのクレスポ!キャラガーが間に合った。
64分。ジョー・コールの抑えたシュート。とてもいいシュートだ。
68分。センターサークル付近からのFKからチャンスが生まれた。
クレスポが飛び出しゴール!決定的とも言える2点目を奪った。
と同時に私の手も止まってしまった・・・
それにしても強い。強過ぎる。まだまだ強くなりそうで末恐ろしい・・・
e0055069_819474.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-02-06 08:21 | サッカー