イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

いよいよ・・・~UEFAチャンピオンズリーグ Benfica vs Liverpool~

e0055069_4391649.jpg
いや~いよいよ待ちに待ったチャンピオンズリーグだ。
また寝不足で情報遮断をし、殆どの試合をテレビ観戦する生活が始まる。
いや~たまらない・・・(笑)
まさに待ちに待ったという言葉がぴったりである。
トーナメント1回戦はポルトガルの古豪ベンフィカとの組合せとなった。
大方の予想はRedsの楽勝との見方が多いが、CLの決勝Tで楽な相手などいない。
まぁ勿論私も初戦のベンフィカHOMEでも勝てると思っているが・・・
Redsのスタメンに背番号"8"はなかった。
しかし解説の粕谷さんが言っていたように怪我もあるのだろうが、
一度休ませるのも彼のコンディションやモチベーションを戻す意味でも今シーズン、
えらく早いスタートで、ありえない消化試合数からも必ずやプラスになる筈だ。
という訳でRedsのスタメンはGKレイナ、DFは右からフィナン、キャラガー、
ヒューピア、リーセ、中盤は右からルイス・ガルシア、シソコ、シャビ・アロンソ、
キューエル、2トップはモリエンテスと"GOD"ロビー・ファウラーという布陣。

立ち上がり15分が経ち、両チームとも決定的なチャンスはない。
両チームともディフェンスの意識が強く、決定的チャンスを作れない、作らせない。
マドリッドでは今頃2、3点入っているのだろうか(笑)
24分。RedsにCKのチャンスはあったもののフィニッシュまではいけない。
26分。左サイドのスペースをえぐられたがGKレイナの好セーブ。頼もしい限りだ。
決定的な場面がないまま、30分過ぎにシソコにアクシデント。ハマンが入った。
足元ではないので大丈夫だと思うが、大事に至らない事を願う・・・
まぁハマン、シャビ・アロンソの方が安定性といいパスの供給は確保出来るのだが・・・
前半終了間際の48分。ゴール前絶好の位置でFKを与えてしまった。
いや~ふかしてくれて助かった・・・ここでホイッスル。見せ場のない前半が終わった。

後半立ち上がりから両チームともゴール前でのプレーが多くなり、
徐々に得点の匂いがして来た。
分。ゴール前でヌーノ・ゴメスが倒れてFK。
キャラガーが抗議していたが、まずプレミアではファウルにはならないプレーだ。
ここまでシュート1本でピッチの影響からかハイボールが多い今日の展開では
お役御免となったファウラーに代わり、シセが入った。
その直後、リーセのスローインからモリエンテスのヘッド!枠を外れた。
残り15分をきりRafaは最後のカードに背番号"8"を使ってきた。
"Steven Gerrard"
このまま試合が終わってもanfieldに戻るRedsが有利ではあるが、
残り時間で彼を含めゴールが生まれれば貴重なAWAYゴールとなる。
久しぶりに彼の魂のゴールが観たい。
84分。やはりセットプレーから得点が生まれた。
しかもHOMEのベンフィカに生まれてしまった・・・
直接では精度がなかったが、ルイゾンに合わせた・・・
やはりチャンピオンズリーグに楽な試合などなかった。
らしくない試合をして必然の結果と言ってもいい内容であった。
2週間後、コンディションは整わないであろうが、KOPの大声援をバックに
2-0以上の快勝でベスト8進出を決めてもらいたい。
ファウラー&クラウチというのも面白いのではないでしょうか・・・
[PR]
by jicchan1968 | 2006-02-22 06:41 | サッカー