イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大一番の後は・・・ -Chelsea vs Portsmouth-

泥んこ不良馬場で行われた世紀の一戦を終え、
その酷いピッチにポーツマスを迎えた。
プレミアでは余裕の"絶対王者"はマケレレ、カルバーリョ、クレスポを休ませた。
この試合がポーツマスで尚且つHOMEで行えるというのはJoseにとっては
よかったであろう・・・無論、AWAYでも負ける気などはしないというだろうが・・・(笑)

試合の方は前半0-0で終えた。
ロッベンのキレの良さは目立っていたが、スタンフォード・ブリッジに足を運んだ
サポーターにはいささか不満の内容であろう。早くゴールが観たいよと・・・

後半60分を迎え、Joseが動いた。
J・コールに代えグジョンセン、S・ライトに代えマケレレ。試合が動きそうだ・・・
すると65分。マケレレを基点にドログバが左サイドでキープ、
グジョンセンがスルーしたボールにランパード!久々に気持ちゴールが決まった。
ポーツマスも69分。絶好チャンスを迎えた。
右サイドから代わったばかりのルートリッジからリチャード・ヒューズ!
わずかに届かなかったが決定的な場面であった。
こういう場面で決められないと逆に決められてしまうのだが・・・
やはり予想通り、決められてしまった。78分。相手のミスはあったものの、
グジョンセンが何ともやわらかいラストパスで飛び出したロッベン!
とどめといえる2点目が入った。
ポーツマスも動きのいいルートリッジのクロスあたりで1点返して欲しいところだが・・・
その後はランパードやロッベンのスルーパスなど王者にはいい場面はあったが、
ポーツマスには決定的な場面がないままホイッスル。
Joseにとってまたチームにとって当然の結果ではあるが勝ち点「3」を無失点で
終えられたことは何よりもここ最近の流れを絶つ意味でも良かったであろう。
e0055069_2274825.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-02-27 22:08 | サッカー