イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

CL後遺症? - Liverpool vs Manchester City-

e0055069_04033.jpg
CLでのベンフィカ戦は今季いやRafaが就任してから
最低のパフォーマンスであったと思っている。
勿論、過密日程、疲れの ピークはあるだろうが・・・
ここAnfieldに戻ってどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか・・・
相手は曲者シティである。大注目の試合である。

RedsのスタメンはGKレイナ、DFは右からフィナン、アッガー、ヒューピア、リーセ。
中盤は右にクロンカンプ、左キューエル。
センターにシャビ・アロンソとスティーブン・ジェラード。2トップはモリエンテスとクラウチ。
キャラガーは不在だが、興味深いスタメンとなった。
試合が始まってまだ8分だが、キューエルの動きは何なんだろうと・・・
お前はもっと出来るだろう?と言いたくなる。
18分。バッティングでRedsの心臓であるシャビ・アロンソがかなりの流血だ。
大丈夫か?・・・22分。シャビが元気そうにピッチに戻って来た。とりあえずほっとしたが・・・
31分。やはり大事をとってかシャビ・アロンソに代わりハマンが入った。
やはり箇所が箇所だけに大事をとったのであろう・・・
40分。カウンターからスティーブン・ジェラードのスペースへのスルーパス。
全力で走り込んだキューエルが逆サイドのネットに叩き込んだ。気持ちいい先制点だ。
ロスタイム。右CKからクラウチ!最高の時間帯での追加点にはならなかった。

後半に入り52分。バートンが当然の悪質なプレーでレッドカードとなった。
大事に至らなくてよかったが彼は相手を壊すためにピッチに入っているのだろうか・・・
その直後の54分。トリッキーなプレーであったがクラウチが決定的な場面であった。
55分。人数の少ないシティだがライト・フィリップスの個人技でチャンスを作る。
その直後の56分にもシンクレアの豪快シュート!レイナのgood saveに助けられた。
おいおい。10人になったシティに決定的な場面が立て続いているじゃないか!!
58分。クロンカンプがカットしたボールからいいクロスをあげるもクラウチが・・・
その直後、今度はシティが決定的な場面。何とか相手のミスに助けられたが危ない。
嫌な流れだがボールを回して追加点を奪い、試合を決定づけたい。
64分。ボールキープから振り向きざまにシュート!クラウチの器用なシュートだが・・・
だが・・・というのもやはりクラウチにはどすんというパンチの効いたシュートがないのだ。
デカイのにどうも・・・私にはやっぱりまだアンガールズに見えてしまう。
怒涛に攻めるRedsだが77分。スティーブン・ジェラードが決定的な場面だが、
DFに倒された。惜しい場面だが、なかなかスティーブンが起きて来ない・・・大丈夫か?
怪我というより一瞬呼吸が出来なかったのだろうか?
とかくこの時期は怪我が本当に心配である。
さぁ残り10分。頼むから10人の相手にトドメを刺して欲しい・・・
いやぁ~・・・いい形は作るも決定的なフィニッシュまでいけない・・・
89分。いい形でスティーブンがシュートを放つもクリア。時間がない。
ロスタイムに杯ってリーセの強烈なシュートも枠の外。
どうやらこのまま終わりそうだ・・・
10人の相手でも点が取れない・・・かなり致命的な症状である。
まぁ何とか勝ち点「3」は拾ったが、またしても1-0である。
過密日程で疲れのピークではあろうがまだまだ不満な内容であった。
まるでUKの気候のような寒い内容であったのは間違いない。e0055069_045057.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-02-28 00:07 | サッカー