イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ショックは? - Chlsea vs Tpttenham Hotspur -

チャンピオンズリーグは終わった・・・
プレミアの"絶対王者"はバルサとの因縁の対決に敗れた。
スタンフォード・ブリッジにはそのCL圏内の4位以内を目指スパーズを迎えた。
まず驚かされたのはピッチだ。目を疑った(笑)
でもここはまさしくあの大一番では日本の中学校のグラウンドレベルだったところがだ。
Chlseaが気持ちもピッチも新たにどんな船出をするのか注目のゲームである。
Chlseaのスタメンは右パウロ・フェレイラに左ギャラス、センターにはフートが入った。
中盤はお馴染みの布陣、マケレレ、エッシェン、ランパード。
右にショーン・ライト、左ジョー・コールでトップがクレスポという布陣。果たして・・・

試合は14分。横パスを高い位置でカットしたショーン・ライトがチャンスを作り、中央へ。
最後はエッシェン!その前の絶好機に外していたエッシェンであったが今度は決めた。
Lyonではゴールが目立っていたがChlseaでは初ゴールだ。
前半このままかと思われた45分。先の代表戦でランパードの代役を勤めた
マイケル・キャリックからのFKにドーソンが競って最後はジーナス!
やはり失点にはフートが絡んだ・・・
結局1-1。スパーズにとっては最高の形で前半を終えた。

後半に入り、Chlseaが猛攻をしかける。
58分。CKにテリーのヘッド!ロビンソンのgood saveに阻まれた。
代表正GKとしては何とも頼もしい限りだ・・・
78分。スパーズに決定的なチャンスが生まれた。
ロングフィードからジーナスが完璧なトラップでギャラスをかわし、シュート!
完璧過ぎたのか浮かせる事が出来ずチェフの正面へ。
この時間帯での逆転ゴールという大魚を逃した・・・
89分。左サイドからのフィードにドログバ!決定的であったがロビンソンのgood save。
遂に時間はロスタイム。
Chlseaも大一番後のスタンフォード・ブリッジで引き分けかと思った瞬間である。
ギャラスが右足を振り抜いた!これがChampionの証であろうか・・・
何とも美しく振り抜かれたボールはゴール右サイドネットを突き刺した。
何という結末であろうか・・・92分の勝ち越しゴール。
スパーズは貴重な勝ち点「1」をあと一歩のところで逃した。
いやもし仮に78分のジーナスが決めていれば・・・
サッカーでもゴルフでもたらればを言ったらきりがない・・・
このチームをもっとチャンピオンズリーグで観たかった・・・この美しいピッチで・・・
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-12 21:26 | サッカー