イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

磐石?- Chlsea vs Manchester City -

前回のブログでは大変失礼致しました。
今後はあのような事のないよう最新の注意をはかりたいと思います。

本来なら今日は3時30分に起きてCLベスト8を観るのだが、
Reds、Chlsea、UnitedがいないCLはその時間に起きるに値しない。
ただでさえ来週末に迫った引越しの準備とやらでろくにサッカーを観る時間がない(泣)
という訳でバルサ戦でもユーヴェ戦でもなく、Chlsea vs Man Cityから。

たかが1敗でこれ程騒がれるチームも珍しい(笑)
イチローが以前、三振しただけで1面を飾ったのも凄かったが・・・(笑)
舞台は本当に素晴らしいピッチに戻ったスタンフォード・ブリッジ。
もう何試合かこの戻ったピッチを観ているが改めてバルサ戦が嘘のようだ・・・
一方のCityもこのところ調子がよくない・・・
以前のEvertonがChlseaと引き分けたように、
ここが上昇のきっかけとなればだが、ここはスタンフォード・ブリッジだ。難しい・・・

試合は一方的に攻めるChlsea。
グジョンセンが高い位置で何度も決定機を作るが、ゴールにはならない。
途中テリーのあわやというシーンがあったが大丈夫であろう。
すると30分。グジョンセンからドログバへのラストパス。
フェイントで完全にDFを置き去りにし、ゴール!
33分。CKからテリーの完璧なヘッド!何とか防いだが、そのリフレクションを押し込んだ。
ドログバがあっさりと2点目を奪った。
44分にも苦しい体勢からドログバがシュートを放ったが、
触っていなければグジョンセンがダメ押しともいえる3点目を奪っていたであろう。
ここで前半が終わったのだが、抗議をしボールを返さないDISTINに対し2枚目のイエロー。
後半ただでさえ苦しいCityが10人で戦うこととなった。
Pearceも頭が痛いであろう・・・

55分。CityもミルズのFKであわやという場面があったが、10人では・・・
58分にはJoseは2枚目のカードとしてグジョンセンに代わりクレスポをピッチにおくった。
久々に彼らしい豪快なゴールが観たいものだ。
点が取れそうで取れないJoseがイライラしそうな展開だが、78分。
ドログバとクレスポの2人がいいコンビネーションでチャンスを演出する。
後半10人の相手に対し、得点を取れなかったのは何ともいえないが、
今からFA CUP準決勝が待ちきれない。この屈強な青い王者との大一番が・・・
e0055069_837481.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-29 08:37 | サッカー