イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Live!-Bolton Wanderers vs Chlsea-

Reebok Stadium。久々のLive観戦だ。
やっぱり生はいい。勿論、テレビではなくスタジアムならもっといいが(笑)
前節、Chlseaの試合は観れなかったのだが、先制された後、
闘志剥き出しのファイトを見せてくれたようだ。
スタメンは中盤の底にマケレレが入り、エッシェン、ランパード、J・コール、
トップはドログバとクレスポの2トップという布陣だ。前節を観ていないだけに楽しみだ。

試合は膠着状態が続いたが、23分。Wanderersバステのシュートが惜しくもポスト。
Big chanceを逸した。
33分。またしてもHOMEのWanderersがチャンスを迎える。
左からのクロスのリフレクションをノーラン!彼のミドルも豪快だ。
フランクの豪快なミドルも必備津に観てみたいが・・・
44分。まるで阿部四郎のような判定で粕谷さんでなく、私も首を傾げていたが、
そう思った途端に得点が生まれた。その直後のFK。頭で合わせたのはドログバとテリー!
最高の時間帯にようやく試合が動いたが、主審のイエローの基準が全く理解出来ない。
阿部四郎なら笑えるがプレミアでは全く笑えない。
Joseでなくても観ていて頭にくるような判定だ。前半が終わって0-1。

後半に入り、59分。カウンターからクレスポが左サイドを駆け上がり、最後はランパード!
気持ちいいまさしく彼らしい豪快なシュート!
Chlseaにとっては理想的な時間帯に追加点を奪った。
そして直後にJoseはクレスポに代え、ロッベンを投入した。
交代で入ったロッベンほど相手にとって嫌なものはないだろう。
70分。どうせ今日は出番がないだろうと思っていたが、16番の文字が・・・久々に観るヒデだ。
75分を過ぎ、Wanderersに気の抜けたようなプレーが目立ち始めた。
一旦、不調の波にのってしまうとReebokでもこうなってしまうのだろうか・・・
勿論、相手はChlseaなのだが・・・
82分。J・コールに代え、パウロ・フェレイラを投入。磐石の構えだ。
87分。AWAYではまずブーイングを浴びるドログバに代わり、フートが入った。
そのフートが30秒でイエローを貰い、ロスタイムにはベンハイムが2枚目のイエローで退場。
まったく目立ちたがり屋の主審には困ったものだ。
結局、ヒデは魅せる場面がないままChlseaが0-2と勝ち点「3」を積み重ねた。

Chlseaにとっては「快勝」ではあるが、私にとってもおそらくJoseにとっても
主審の判定にはストレス「解消」とはいかない・・・
e0055069_22454444.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-04-15 22:46 | サッカー