イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2位奪取へ -Liverpool vs Aston Villa-

昨夜は所用があったため、今日は昼に敬意を表し、
先にChlsea-Man Utd戦を選び、Chlseaの優勝を見届けた。
そして天皇賞。ディープインパンクトの快走に酔いしれた・・・
いずれも"独走"といえる"絶対王者""強者"の凄さを改めて痛感した。
『強い者が勝つ』
さぁ今度は我がRedsの強いところを観たいものだ。
先述の通り、優勝こそ決まったものの2位がかかっている。
これは今シーズン、CL予備予選1回戦にはじまり、欧州王者として日本まで行かされた。
来シーズンこそワールドカップもあり、日程的には少しでも楽をして欲しいものだ。
そのためにはCL本戦からの出場をかけての2位はリーグ順位もさる事ながら重要だ。

アンフィールド。
You’ll never walk aloneが心地よく響く。
今シーズン最後のホームゲームだ。
ミッドウイークにFA CUP Finalの組合せとなるハマーズとの対戦があったが、
Rafaが一度試してみたかったというシセの左ウイングがはまり、2ゴール。
残念だが日本での放送はなかったが、かなり機能したようだ。
Reds今日のスタメンは、GKレイナ。DFは右クロンカンプ、左トラオレ、
センターはヒューピアとキャラガー。中盤のセントラル底にシャビ・アロンソ、
前にはプレイヤーが選ぶMVPに輝いたスティーブン・ジェラード、左にリーセが入り、
右にシセ。トップはクラウチと久々のスタメンであろうモリエンテスという布陣。
Villansは元Redsのミラン・バロシュがいる。
Reds断然有利と思われるだろうが、この時期の降格ゾーンのチームとの対戦は
嫌なものだ。落ちる確率は低いのだが、残留が確定していないのも事実である。

4分。早速、不安を取り除いてくれるようなゴールが決まった。モリエンテス。
シャビ・アロンソからの絶妙なラストパスを受け、切り返しでDFをかわし叩き込んだ。
シーズン序盤からこのようなゴールがあれば・・・
残留なら来シーズンこそ期待を裏切らないで欲しいものだ。
34分。トラオレが飛び込んだフォローにキャラガーも飛び込んでしまった。
大ピンチを迎えたが事なきを得た。
The FA CUP Finalでは絶対に観たくないシーンだ。
42分。右サイドからの大きなクロスにリーセが胸で落とし、スティーブンがシュート!
枠を捉えることは出来なかった・・・
モリエンテスのゴールこそあったものの淡々とした流れの前半が終わった。1-0。

51分。右サイド深い位置で到底追いつかないと思ったが、シセが追いつきラストパス!
しかしクラウチは決められない・・・
52分。KOP ENDがざわついている。
何かと思ったら最前列にいるサポーターが見事なヘッドでクリア!ナイス、ヘッド(笑)
58分。淡々としていたゲームも同点に追いつかれてしまった。
ぽっかり空いた右サイドを突かれ、センタリング流れてバリーの足元へ。
流し込むだけのごっつぁんではあったが、やはりトラオレの空けたスペースを突かれた。
何が何でもアンフィールドでの最終戦であり、2位の座を目指し、勝ち点「3」が必要だ。
61分。千両役者が決めてくれた。いつもは彼が蹴るCKをシャビ・アロンソが蹴り、
ニアに走り込んだスティーブン・ジェラード!見事に押し込み勝ち越し点をあげた。
62分。クラウチに代えファウラーが入った。彼のゴールに期待したい。
63分。中央でリーセがシュート!惜しくも枠の左にな外れた。
67分。思わず声が出てしまった。「うっおぉ~!」
えっそこから?という位置から、右足を振り抜いた。スティーブン・ジェラード!
ゴォ~~~~~~~~~~~~ル!気持ちいい。
ウイニングイレブンでもそうは決まらない気持ちのいいゴールだ。
70分。ゴール前でひやっとする場面。角度が変わりよくレイナが弾いた。
偶然とはいえまたトラオレだ。彼の場合は偶然が必然になりそうだ。
75分。Villansもまた右サイドから仕掛け、チャンスを作る。
最初からこのトラオレのサイドを徹底して突かれていたら・・・想像するだけで怖い。
79分。シソコが右サイドで踏ん張り、スティーブンへそしてファウラーへラストパス!
トラップが足元に入り過ぎたのか、シュートは左にそれ、決定機を逸した。
淡々としたゲームでも4ゴールが観られ(1つは観たくなかったが(笑))
長いホイッスル。
途中同点に追いつかれる場面はあったものの、終わってみれば3-1の快勝。
最終節に2位の座をかけての望みが続いた。
スティーブンも絶好調、ルイス・ガルシアのレッドとキューエルの怪我は痛いが
この調子で5月13日も快勝し、The FA CUPを高々と掲げて欲しいものだ。
行きてぇ~なぁ~、カーディフ(笑)
e0055069_20575493.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-04-30 20:58 | サッカー