イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

FINAL第一弾!-Middlesbrough vs Sevilla-

PSV スタディオン。
FINAL第一弾は、UEFA CUP Finalである。
奇しくもこちらも「イングランドvsスペイン」の顔合わせとなった。
今週は何としてもイングランドのチーム、ボロに勝ってもらいたいところだ。
正直、セビージャは殆ど知らない。というか一昨シーズンに何試合か観た程度である。
なのでやはり注目はサビオラになってしまう。
一方のボロはメンディエタが出れないのが残念で仕方ないが、
中盤ではダウニングとロッケンバック、それに先発のビドゥーカが注目だ。
ハッセルバインクの出来とスーパーサブ・ヤクブが鍵を握りそうだが・・・

オープニングシュートはセビージャ。
2分。ダニエル・アウベスのキレのいいシュートであった。
6分。FKにロッケンバック!こちらもGK正面とはいえ、いいシュートだ。
8分。セビージャも左サイドを突き、ゴール前あわやの場面。
続く9分にはサビオラへのラストパス!
サビオラのゴールも観てみたいが決勝点となってしまいそうで何とも困ってしまう。
20分を過ぎ、ボロも攻めるがやはりセビージャの攻撃が目立つ。
25分にようやくセビージャの攻めがフィニッシュで終わった。
すると27分。右サイド、ダニエル・アウベスからのクロスをルイス・ファビアーノ!
ヘッドで上手く合わせたシュートはゴールネットを揺らした。
セビージャ先制!軽くやばい・・・いや軽くない(苦笑)
その後も攻撃がシュートで終わっているセビージャの流れが続く。
というかボロは全くシュートを撃てていない。これではリズムなど作りようがない。
前半、セビージャの1点リードで終わったが、全く攻められないボロは辛い。
ボロの選手たちが重く感じるのも仕方ないのだろうか?どうするマクラーレン・・・

やはりマクラーレンが動いた。マッカローネ投入だ。
するとセビージャも動いた。カヌーテが入ったってサビオラがOUT?え~・・・
もっと観たかったが、観ているとやられそうだから割り切って良しとするしかない。
セビージャはまさにサビ抜きとなった。うまい!いやうまくない(笑)
とにかく早くダウニングのクロスからのシュートなどボロのシュートが見たい。
50分にもあわやの場面。とにかくシュート撃ってくれ~
すると直後にFKからのヘッドの折り返しをビドゥーカ!惜しい!
ようやく待ちに待ったボロのシュートシーンが見られた。
69分。ハッセルバインクのFKも見られたが、やはりギラギラ感というか凄みがない。
70分を迎え、マクラーレンは遂にヤクブも投入。いわゆる超攻撃的布陣だ。
75分。ようやくビドゥーカがシュート!力んだか右に外れた。
78分。決定的ともいえるマレスカのゴールが決まり、これで0-2。
1点リードでも決まりそうだが、この2点目はやはり大きい・・・
84分。またもマレスカが決めた。落ち着いた素晴らしいゴールだ。
89分。マレスカのシュートのこぼれ球をカヌーテが押し込んだ・・・0-4。
当然、ロスタイムはとらずに長いホイッスル。
イングランドvsスペインの1stROUND、UEFA CUPはセビージャが制した。
まぁ来週もバルサが今日のセビージャのように圧倒的に圧しまくって、
4-0以上の勝利をしてもらいたいものだが・・・

今日はUnited、Chlseaを叩きのめしたボロを観る事は出来なかった。
勿論、リバーサイドではないのだが本当に残念であった。
何せ前半から全くシュートすら撃てない攻撃では流れを引き寄せられない・・・
どうせ負けるのならサビオラの豪快なシュートが観たかった・・・
まさにボロ負けとなってしまった(苦笑)
[PR]
by jicchan1968 | 2006-05-11 07:39 | サッカー