イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

死闘-Liverpool vs West Ham-The FA CUP FINAL

e0055069_22242831.gif
カーディフ・ミレニアムスタジアム。
遂に、遂にやって来た。
待ちに待ったThe FA CUP FINAL。
我が愛するLiverpoolが昨シーズンのビックイヤーに続き、
今度はThe FA CUPの栄冠に輝く瞬間がやって来た。
試合がはじまる前に既に何度歌ったかわからない
You’ll never walk aloneを・・・
いやぁ~まずい、やばい・・・テンションが全く抑えられない・・・

選手入場。相変わらず最高の雰囲気である。
注目のスタメンは、GKレイナ、DFは右からフィナン、ヒーピア、キャラガー、リーセ。
中盤は底にシャビ・アロンソが戻った。
いやぁ~ハイライトで担架で運ばれた時はどうなる事かと・・・
左キューエル、センターにシソコ、
おそらく右にキャプテン・スティーブン・ジェラード。
そしてトップはジブリル・シセとピーター・クラウチの2トップというほぼベストの布陣。
長いホイッスル。The FA CUP FINALが始まった。

16秒。早くも右サイドを駆け上がったスティーブンが削られた。おいおい!
6分。オープニングシュートはクラウチのオーバーヘッド。
威力はなかったがさすがにこの雰囲気。強引でも彼がシュートを撃ってくれたのは嬉しい。
11分。パスミスからチャンスを奪われ、ヘアウッドがシュート!リーセが体で止めた。
今日は序盤からRedsのパスミスが目立つ。
12分。スティーブンが今度はゴール正面で倒された。絶好の位置。
リーセかスティーブンか・・・リーセの強烈に放ったシュートはクリア。
すると21分。パスミスから右サイドをえぐられ、クロスにキャラガーが・・・
まさかの展開でハマーズが先制した。どうもいつものRedsではない・・・
すると28分。アシュトンに2点目を奪われた。地に足が着いていないように見える・・・
チャンピオンズリーグ決勝がよみがえってしまう。
31分。反撃しなければいけないReds。中に入って来たキューエルが倒された。
クイックスタートでクラウチが押し込んだ!しかしオフサイド・・・
その直後、スティーブンのクロスにジブリル・シセ!イ~~~~~~~~エスッ!
32分である。イスタンブールと違い、早くも前半で1点を返した。
33分。ステイーブンにしか出来ない強烈なサイドチェンジ。
ようやくリズムを取り戻して来た・・・
しかし37分。またしてもアシュトン!あわやの決定的な場面。
その直前にもキューエルのスルーのミスなどリズムを崩す場面もあった。
まだいつものRedsには程遠い。
45分。シセが遠目から狙っていった。フィニッシュで終わる事が重要だ。
そして長いホイッスル。あっという間の前半が終わった。

後半が始まった・・・さぁ~行こう!Reds!
しかしいきなりのbig chanceを奪われた。
レイナのgood saveがあわやの大ピンチを救った。
48分。怪我明けで目立っていなかったキューエルがモリエンテスに代わった。
この交代もイスタンブールを思い出してしまう。
51分。クラウチの落としたところにスティーブン・ジェラード!
強烈なキックであったが、その前にオフサイド。
54分。リーセが倒されFK。シャビ・アロンソのクロスにクラウチが落とし、
走り込んだスティーブン・ジェラード!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
イエスッ!イエスッ!イエ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~スッ!
偉大なるキャプテン、スティーブン・ジェラードのゴールで同点に追いついた。
よしっ!さぁこっからだ!行こう、Reds!
60分。やはり前半とは別チームに生まれ変わったReds。
フィナンが倒され、アシュトンがイエローを貰う。
しかし64分。コンチェスキーのクロスがそのままサイドネットに吸い込まれた。
サッカーとは本当にわからない・・・
67分。今度はシャビ・アロンソが自ら×サイン。代わってクロンカンプが入った。
ハマーズも71分。アシュトンに代わりザモラが入った。
するとRafaも最後のカードとして、クラウチに代えハマンを投入した。
81分。シセのクロスにモリエンテス!刻々と時間が過ぎていく・・・
85分。遂にシェフィールドの登場だ。
Alanもチェザリントンに代え、最後のカードにやはり彼をきってきた。
88分。スティーブンのFKも枠の遥か上・・・足はもう限界を超えているだろうが・・・
90分。シセの足も限界か・・・祈るような気持ちが神に届いたのか、
こぼれ球に走り込んだスティーブン・ジェラード!
来たぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~ル!ゴォ~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
イエスッ!イエスッ!イエ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~スッ!
Liverpoolがまたしてもスティーブン・ジェラードのゴールで同点に追いついた。
93分。ゴール前、コンチェスキーのFK。レイナが止めた。
ここで長いホイッスル!何という試合だ・・・
奇しくもまた3-3のスコアで延長戦へともつれ込んだ。

延長戦と入り、97分。リーセの左足!わずかに枠の左へ外れたが、惜しかった・・・
まさしく死闘と呼ぶにふさわしい壮絶なゲーム。
102分。シェリンガムからチャンスを作られ、右サイドからのクロス!
がっちりとレイナがキャッチし事なきを得た。
103分。ゴール前でスティーブンが倒された。ハマンかリーセかそれとも・・・
スティーブンが合わせていき、そのこぼれ球をヒューピア!シュートは右に外れた。
シセの足ももう限界を超えており、ぐるぐる巻きのテーピングで延長後半へと突入した。
106分。右サイドからクロンカンプ!惜しくも枠を外れた。
Redsで数少ない走れる選手であったが・・・
110分。スティーブンがシソコが足がつって起き上がれない・・・
何という光景だ。こんな死闘は観た事がない。
かつてジョーホールバルでヒデが最後まで走っていたのを思い出す。岡野~~~~・・・
114分。ハマーズのヘアウッドもピッチに戻れない。
115分。取られてはいけないところで取られカウンター。
必死に戻ったヒューピアがファウルを取られ、FK。
116分。今度は左サイドのシソコからモリエンテス!
119分。ハマンがイエローを貰い、FK。
ベナユンの蹴ったボールにレオ・コーカーがバックヘッドで合わせたがポスト!
戻ったボールはよりによってヘアウッドの目の前に・・・しかし撃てない。
121分31秒。長いホイッスル!
歴史に残る壮絶な死闘は神のみぞ知るPK戦へともつれ込んだ。

もう祈るしかない。信じるしかない。
先攻はReds。注目の一番手はハマン。右にきっちり決めた。
ハマーズの一番手はザモラ。レイナが右手で止めたぁ~~~~!good save!
二番手はヒューピア。しかし止められた・・・
ハマーズはシェリンガム。この偉大なるベテランが外す訳はなかった・・・
三番手はスティーブン・ジェラード。頼む・・・
本当にさっきまで足がつっていたのかのかというような強烈なキックが突き刺さった。
ハマーズはコンチェスキー。またしてもレイナが今度は足で止めた。
大事な四番手はリーセ。まん真ん中に蹴り込んだ。Redsが王手をかけた。
ハマーズ四番手はアントン・ファーディナント。
またしてもレイナが止めたぁ~~~~~~~~~~~~!
ようやく、ようやく、ようやく終わった。そして勝った。
3時間を越える壮絶な死闘の末、LiverpoolがThe FA CUPを制した。
勝てるとは思っていたが、こんかな壮絶な死闘になるとは誰が予想しただろうか・・・
Alanそしてハマーズの選手たちにも本当に拍手を贈りたい。
Rafaおめでとう。
スティーブン・ジェラード本当におめでとう。そして本当にお疲れ様でした。
今日ピッチに立ったRedsの選手全員、スタッフみんなにおめでとうと言いたい。
そして本当に凄い試合をありがとうと・・・
[PR]
by jicchan1968 | 2006-05-14 02:51 | サッカー