イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いざ出陣!-England vs Jamaica-

e0055069_14485361.gif
"Theatre of dreams"Old Trafford。
いよいよこの試合をもって
我がイングランド代表がワールドカップへの出陣となる。
イングランドの出陣を祝うかのような快晴に恵まれた。

スタメンは現在考えられるベストのメンバー。
つまりはウエインのポジションにクラウチが入っただけ。
さぁどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか・・・

開始6分。中央ベッカムのFK。ふわっとしたボールに走り込んだランパード!
最初の惜しいチャンスであった。
9分。上がって来たランパードが倒され、FK。
ベッカムのキックは壁に阻まれたが、本番では本当にセットプレーが鍵となる。
11分。GKロビンソンのキックにクラウチが落とし、オーウェンが厳しい体勢から中央へ。
走り込んだフランク・ランパード!
ゴォ~~~~~~~~~ル!気持ちいいGOALが決まった。
クラウチの高さが活き、オーウェンの粘り、そしてランパードが飛び込む。
ウエインがいない試合で、考えられる最高の形での先制点だ。
13分。今度はスティーブンが1・2で走り込む。いい形だ。
16分。クラウチが柔らかいトラップからジョー・コールへたまらず倒された。
ベッカムのFKからジョン・テリー!2点目が決まった。
照れくさそうに喜ぶジョン・テリー。どうやら触っていないのか?
よく見るとどうやらオウン・ゴールのようだがもうどっちでもいい。GOALだ。
21分。左サイドでジョー・コールとアシュリー・コールが1・2で抜け出す。
ラストこそ決まらなかったが、さすがはコール同志。いい展開だ。
28分。ベッカムのFKにクラウチが落とす。到底彼しか届かない深い位置。
その直後のCK。中央のクラウチが足で決めた!3-0。
またしても謎のロボットダンスだ(笑)
あの何とも言えないダサさというか気持ち悪さというのがアンガールズらしい。
32分。浅いDFラインからリオのフィードにオーウェンがギリギリで飛び出す。
GKをかわし、無人のゴールへ。これで4-0。
待望のオーウェンのゴールも飛び出した。こんなに上手くいっていいのだろうか?
気持ち良過ぎる展開もジョン・テリーがOUTとなった。大丈夫か?
おそらくは足を振り上げてクリアしようと思い、空振りになったところでの痛みか?
41分。ランパード→ベッカム→スティーブン→ジェイミー・キャラガー。
流れるようなまさに理想の展開。是非、本番でも観たいプレーの一つだ。
お祭り騒ぎのような満点に近い、いや満点以上の前半が終わった。

後半。ウォルコットの登場かと思われたが、貴重な最後のテスト・マッチ。
GKのロビンソンがOUT。代わってシティのジェームズが入った。
51分。スティーブンからランパードへの強烈なスルーパス。
この2人がこういう形で共存出来れば何の心配もない。
55分。ベッカム→ランパード、溜めて右のスペースへキャラガー!いい流れだ。
56分。相手のクリアボールにゴール前中央でジョーコール!惜しくも枠を外した。
65分。スティーブンのフィードにクラウチが胸で落とし、ジョー・コール!
これまた惜しかったが、ゴールならず。しかしいい形だ。
67分。ベッカムのスルーパスに走り込んだジェイミー・キャラガー。
グラウンダーのクロスに再びクラウチ!気持ちいい~~~~・・・
これで5-0。ダンスも気持ち悪くみえなくなってきた(笑)
この直後、ベッカムとランパードがOUT。
スパーズコンビのマイケル・キャリックと大注目のアーロン・レノンが入った。
レノンのゴールも是非是非観たいものだ。というか決めてくれ~レノン!
78分。お役御免とばかりにスティーブン・ジェラードがOUT。
スチュワート・ダイニングが入った。
81分。素晴らしいスルーパスからの折り返しをオーウェンが倒された。PK。
蹴るのは・・・ま、まさかのクラウチ。やっぱり外した。
チップキックで枠を捉えきれないところがクラウチだ。
まぁ本番ではランパード、スティーブン、戻ってくればウエインであろう。
89分。左サイドのダウニングからオーウェン、ダイレクトでクラウチ!
これでクラウチはハットトリック。
PKを外した照れからかダサいダンスはする事はなかった。
エリクソンが最も試したかったクラウチとオーウェンの2トップのフル出場。
他にも中盤の連携や両SBの出来など心配は山積みだったかと思うが、
ウエインのいない緊急事態にプラスで考えるといい意味で全員に緊張感というか
自分たちでやれる事を100%やろうと一つになり、最後のテストマッチで
最高の形での船出となった。
全てがうまくいった今日のイングランド。
観客の全てがそして私を含めイングランドのサポーター全員が
今日のマンチェスターの青空のように澄みきっている事だろう・・・
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-04 14:51 | サッカー