イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大歓迎の世界戦争、開幕!-ドイツvsコスタリカ-

戦争は嫌いだ。
ごく稀に争い事の好きな人がいる。
しかしルールに基づき、一つのボールを蹴り合い相手のゴールに入れあう
戦争、それも世界戦争なら大歓迎だ。
4年に1度の祭典。ワールドカップが開幕した。
開幕戦は全大会の優勝国ではなく、開催国のドイツ。
相手は中南米代表のコスタリカ。
ドイツにとっては絶対に負けられない相手だ。
しかし大黒柱のバラックは怪我で欠場。クリンスマンどうする・・・

試合は開始3分。フリングスの強烈なミドル!あわやという場面であった。
しかし早々にオープニングゴールが観られた。
6分。一瞬ファウルと足が止まったコスタリカDF陣。
左サイドを駆け上がったラームが1人かわし、振り抜いた。
ポストに当たって入る誰も止められない素晴らしいシュートが決まった。
クリンスマンがドイツ国民が願っていた先制点が早々に決まった。
その後も攻め続けるドイツ。
しかし初めてのチャンスを決められてしまう。
12分。オフサイドギリギリに飛び出したワンチョベがゴールをかっさらった。
会場がどよめく。私も驚いた。そしてサプライズはまだ続く。
17分。シュナイダーが右深い位置で粘り、スペースへ折り返しシュヴァインシュタイガーへ。
そして決定的なラストパスをクローゼ!ゴォ~~~~ル!
久々にドイツを応援している私も思わず拍手してしまった。
クリンスマンがゴリラをベンチという檻に閉じ込めてくれたおかげだ。ありがとう!
28分。左サイドを鋭く切れ込むシュヴァインシュタイガー。素晴らしい。
ロスタイムのシュヴァインシュタイガーのスライディングも素晴らしい。
結局前半を終わって2-1。

後半も立ち上がりから攻めるドイツ。
なかなかゴールが奪えなかったが、61分。
左サイドをえぐったラームがクロス。DFに当ってコースが変わったがクローゼ!
強烈なヘッドもGK弾くのが精一杯。再びつめたクローゼ!これで3-1。
しかしこのまま終わらない。73分。再びワンチョベが決めて3-2。
右サイドフリードリッヒが残っていたとはいえCB2人が酷過ぎる。
2つしかないチャンスを100%決めたワンチョベを褒めるべきだが、
それにしても酷過ぎる。
シュヴァインシュタイガー、シュナイダー、クローゼといった攻撃陣が頑張っているのに・・・
87分。そんなモヤモヤを吹き飛ばす強烈なゴールが生まれた。
左サイドシュヴァインシュタイガーのFK。クロスではなく冷静に中央に返した。
走り込んだフリングス!アウトドライブのかかったシュートはゴール右上隅に突き刺さった。
今大会の中でもベスト5いや3に入るであろうというBeautiful Goal!
スタジアムが安堵の空気に変わった。
結局このまま長いホイッスル。
大乱戦といえる開幕戦。4-2でドイツが辛くもというか期待に応えた。
しかしDF陣の課題は克服されていないこともわかってしまった。

今大会を占う開幕戦。
前回大会、王者フランスがセネガルに敗れ大波乱となったが、今大会はこの派手な幕開け。
ブラジルやポルトガルが開幕から大量得点などあげそうだ。

ドイツ 4 - 2 コスタリカ

マン・オブ・ザ・マッチ 9 ワンチョベ(コスタリカ)

GK レーマン 5 2失点は仕方ないものの相手のシュートが少な過ぎたため評価出来ず
DF ラーム 6.5 先制点はお見事。クローゼの2点目の基点も好評価。
DF メルテザッカー 3.5 酷過ぎる。
DF メツェルダー 3.5 酷過ぎる。
DF フリードリッヒ 3.5 酷過ぎる。
MF フリングス 6 最後のゴールがなければ4.5~5。次に期待したい。
MF シュナイダー 6.5 主将としても頑張っていたがもっと出来る筈だ。
MF ボロウスキー 5.5 攻撃のアクセントにはなっていたが・・・
MF シュヴァインシュタイガー 7.5 マン・オブ・ザ・マッチ級の大活躍。
FW ポドルスキー 6 バラックの代役としては十分。彼の代わりはいないから・・・
FW クローゼ 7 バースデー2ゴールはお見事。
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-10 12:00 | サッカー