イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

直前大予想!-FIFAワールドカップ第4日-

昨日の予想ではロッベンの21分ゴールと予想し、
18分だったのがまぐれで当たったぐらいであったが、当たっても気味が悪い(笑)
が、本日も予想してみたいと思う。

まずはグループF「オーストラリアvs日本」
大方の日本人は当然勝利を期待しているだろうが、私は悲観的だ。
まず日本はまだ実質ワールドカップ2回目の出場だ。
「オーストラリアだって同じじゃないか!」という方もいるだろうが、条件が違う。
彼らはオセアニアという地域のため、プレーオフを毎大会ごとたらい回しにされる。
今回は強豪・ウルグアイを破っての出場だ。
弱小地域ながら強豪ひしめく南米と同じ「4.5」枠。
ウルグアイやコロンビア、チリ、ペルーとやって果たして勝てるのだろうか?
そんな枠に助けられ、出た国が簡単に勝ち点を獲れる訳がない。
ましてや次の予選ではようやくオーストラリアはアジア枠が認められ、
トップ通過をする事だろう。
よって結論、オーストラリア 3 - 0 日本
18’ビドゥカ 31’キューエル 83’ビドマー
宮本というざるが真ん中にいれば、ビドゥカにことごとくやられる筈だろう。

次は「死の組」グループEから「アメリカvsチェコ」
このグループは本当に全くわからない。
アメリカもドノヴァンがあの苦い思い出の地でリベンジを果たせるか。
そして"最強の初出場"となるチェコ。
ドイツの暑さに年齢層の高い中盤が序盤で得点を奪えるかが鍵となるだろう。
よって願望はアメリカ 0 - 1 チェコだが、
アメリカ 1 - 1 チェコ
得点 22’ドノヴァン 80’ネドヴェド

そしてグループEのもう1試合「イタリアvsガーナ」
サプライズも十分あり得る。相当イタリアは運動量の多いガーナに手こずる筈だ。
イタリアはピルロ、トッティの出来が不安定な状況で苦戦は必至である。
特に後半は完全なガーナペースになってしまうのではないだろうか。
よって結論、イタリア 1 - 1 ガーナ
得点 8’トーニ 52’エッシェン

さすがに1日3試合はキツイ。
しかもご丁寧に放送では試合の結果を全て言ってしまうので、タメ観が出来ない。
よって今夜は早く寝て、グループEの2試合を観る事にしよう。
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-12 13:44 | サッカー