イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

王国の誇り -イタリアvsガーナ-

彷徨える名門・イタリア。
死のグループに入り、いずれもが屈強な相手。
その注目の初戦。相手はガーナ。
これまた初出場というのが意外な程の強豪だ。
世界ユースをいつもご覧になっている方は出て当然というものだろう。
ユース世代では最強を誇るガーナがいよいよワールドカップの舞台に立つ。
キャプテンはアッピアー、そしてあのエッシェンがいる。
ドログバはアルゼンチンの前に屈したが善戦といえる素晴らしいプレーを魅せてくれた。
不安定なイタリアなら・・・と期待してしまう。
その名門・イタリアはピルロ、トッティの出来が鍵となるだろう。
最近、特にピルロのいいパフォーマンスを私は全く観ていない。
トッティを活かすためにデ・ロッシを入れたのは吉とでる筈だが、
肝心のコンディションが気になるところだ。
試合前、両主将の微笑ましい握手が嵐の前の静けさを予感させる。

序盤、CKが続き、イタリアが深く攻め込む。
10分。ゴール前いい位置でのFK。エッシェンがデ・ロッシに削られた。おいおい!
当然、デ・ロッシにはイエロー。しかしアッピアーのキックは壁。
そのカウンター右に開いたピルロからクロス!
トーニ、流れたジラルディーノを決められない。フィリッポなら・・・
15分。ゴール右サイドでのFK。中へと戻し、トッティ!
いいオプションではあったが・・・髪を切ったので一瞬誰だかわからなかった(笑)
18分。ガーナも右サイドからいい攻撃を魅せる。
26分。ムンタリのシュートまでの一連のたたみかけた攻撃は魅力的だ。
その直後、トーニの強烈なシュートはポストを激しく叩いた。
ガーナにとってはまだ運が味方している。
29分。今度はアモアからギャンの右足!惜しくも左へと流れた。
続く31分。今度はエッシェンが持ち込み、シュート!決めて欲しかったが・・・
32分。ビックチャンスに最後はパプー!決定的なチャンスを逸した。
33分。今度はイタリア。トッティが30m以上はあろうかという位置からのFK。強烈!
続くCK。今度はカンナバーロ!わずかに枠の上に外れた。
40分。イタリアはショートCKからピルロ!
のせてはいけない選手が決めてしまった。イタリアにとっては願ってもない先制点。
45分。トーニで出ていれば・・・という場面もあったが、このまま前半が終了。

後半に入っても一進一退の物凄い攻防。
ピルロ→トッティ→ジラルディーノといういい展開もあれば、
ガーナもエッシェンのミドルで反撃する。
55分。トッティが激しい声を出しね倒れる。
そのまま大事を取ってカモラネージと交代だ。イタリアにとっては不安がよぎる・・・
59分から60分にかけて右サイド代わって入ったカモラネージを中心にいい攻撃をみせる。
62分。ムンタリがカモラネージに倒されてFKのチャンスもダメ。
64分。エッシェンの前が一瞬空き、ミドルを放った。
ガーナはこのような攻めで突破口を開くしかないだろう。
リッピはここでジラルディーノに代えイアキンタだ。
イアキンタが悪いとは言わないが、フィリッポだろ!ましてはデルピエーロだろ!
と思った人も多い筈だ。
67分。高い位置からボールを奪い、フリーのペロッタへ!Good save!
いやGreat saveだ。この試合、最大の決定的な場面であった。
72分。ガーナもサイドをふってのいい攻めをみせるもフィニッシュが決まらない。
79分。ギャンが倒され、PKかと思われたがノーホイッスル。
さすがにここの主審は買収していないだろう。
80分。今度はイタリアいい攻めをみせるものの、イアキンタ?
撃てるだろう?この辺りが先程の2名のような千両役者ではないところだ。
ようやくトーニに代わって背番号"7"デルピエーロが入った。
坊主頭になりより精悍な顔つきだ。
83分。クフォーがバックパスをミスしてしまい、イアキンタがごっちぁんゴール。
場内のボルテージも勢いもガーナに傾いていたが、サッカーとは本当に怖い。
一つのミスが特にレベルの高い世界大会では致命傷になる。
2点は厳しいだろうが何とか1点返して欲しいところだが・・・

結局このまま長いホイッスル。
様々な問題を抱え、選手たちには疑惑の目で見られ、「大丈夫?」と励まされる・・・
試合に集中したくても難しい状況の中、難敵・ガーナを迎えた初戦。
勝ち点「3」という白星が何よりの活性の源となるだろう。
イタリアは本当に善戦のトーニが効いていた。
彼が溜めを作り、リズムが生まれた。
ゴールという結果はなかったものの存在感は十分過ぎるほどであった。

一方、ガーナは両サイドからの崩しがないとキツイだろう。
アッピアーとエッシェンの負担が大き過ぎるため、次戦のチェコもかなり厳しい。

イタリア 2 - 0 ガーナ

得点 40分ピルロ 83分イアキンタ

マン・オブ・ザ・マッチ トーニ(イタリア)

※先制点や90分の働きを考えるとピルロが妥当だろうが、あえて彼にしたい。
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-13 08:46 | サッカー