イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

直前大予想!-FIFAワールドカップ 第5日-

昨日の予想はオーストラリアの3点ぐらいで、
死のグループEは深くよみ過ぎてしまったかもしれない。
それにしてもチェコは強かった。完璧に近い内容であった。
チェコ戦に限っては、変な心配をせず、願望予想で良かったみたいだ。
という訳で早くももう5日目である。
今日もとても面白い。
優勝候補の大本命ブラジル、バランスのとれたフランスの登場だ。

まずはグループG、「韓国vsトーゴ」。
アジア代表、前大会はベスト4に進んだ韓国。
注目は何と言ってもサイドからの切り崩し、プレミアの雄である2人に注目したい。
パク・チソンのえぐりとイ・ヨンピョのあがりだ。
一方のトーゴは完全にアデバヨールのチーム。
彼がいいか悪いで全く別のチームになってしまう。
鍵となるのはパク・チソンがドリブルで仕掛け、切り込めるかという事以上に、
韓国の守備となるであろう。アデバヨールに仕事をさせないように出来るかだ。
どちらも運動量が豊富な試合で面白い試合が期待出来る。
結論、願望を込めて韓国 3 - 2 トーゴ
得点 18’パク・チソン 32’アデバヨール 64’パク・チソン
81’アン・ジョン・ファン 89’アデバヨール

同じくグループG、「フランスvsスイス」。
欧州予選から観ている方などは「またかよ!」と思わずつっこんでしまう(笑)
私も若干、そのようなところはあるが、仕方あるまい。
その予選ではいずれも引き分けたが、この試合は決着をつけて欲しい。
3度目の正直という意味合いもこめて・・・
フランスは本当に今大会もバランスがとれている。
シセのアクシデントはあったものの相変わらず層は厚い。
一方のスイスにはあのムカつくセンデロスがいる。
アンリにとってはチームメイトだが、ここは実力のざるディフェンスを発揮して欲しい。
よって結論、フランス 3 - 0 スイス
得点 20’ジダン 37’アンリ 52’トレゼゲ

最後はグループFの強豪対決「ブラジルvsクロアチア」
ブラジルについてはもうここで語ることはないだろう。
不安があるとすれば、カフーの偽造パスモート問題くらいだ。
鍵となるのは、クラニツァールがブラジル相手に少しでも実力の片鱗を
見せられるかであろう。私も注目したい。
願望としてはクロアチアの勝利だが、本当に難しい。
よってクロアチアが先制して血眼になって追っかけるブラジルが観たいという事で・・・
結論、ブラジル 2 - 1 クロアチア
得点 22’クラスニッチ 45’アドリアーノ 72’カカ

さてどうなるか、昨夜は21時に寝て睡眠不足も解消したので、
今日は何とか3試合観たい。
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-13 19:22 | サッカー