イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

英雄のカウントダウン -フランスvsスイス-

ジネディーヌ・ジダン。
言わずと知れたフランスいや世界の英雄だ。
’98決勝での大活躍、CL決勝での時間が止まったかのようなボレー、
’00 EUROでの優勝・・・
そんな偉大な英雄が少なくともあと7試合でピッチを後にする。
何試合観られるかはわからないが、この目に焼き付けたい・・・

初戦の相手は、またかよ!というスイス。
欧州予選でも同組に入り、0-0、1-1と決着がついていない。
是非、この本大会の舞台できっちり決着をつけてもらいたいものだ。
注目はジネディーヌ・ジダンは当然だが、ゴヴ、マルダ、ドラソー、サア、トレゼゲ、
さらにはジュリらを押し退けて先発起用となったフランク・リベリだ。
ジタンが去った後、偉大なる背番号10を背負うのはこの男かもしれない・・・

試合の方はやはり序盤からゴール前で仕掛けるフランス。
しかし24分。スイスもゴール前のFKがわずかにポスト。助かった。
31分。アンリからゴール前、リベリが窮屈な体勢からシュートもバーの上。
37分。リベリが右サイドから抜け出し、中央のアンリへ決められない。
ややマイナス気味、足元に入ってしまったがビックチャンスであった。
39分。ジダンからピタッとアンリの前へ。しかし決められない。
ハイバリーではいとも簡単に決められる男が・・・
結局、フランスペースが続くものの前半は予選のVTRを観るようなもどかしさで
0-0での折り返しとなった。

後半に入り、右サイド深い位置でジダン、ビルトールらが仕掛けるがビエラも決められない。
やはりここはリベリを下げ、決定力のあるトレゼゲの投入が必至でないのか。
60~65分。スイスの時間帯が続く。
調子にのっている隙にカウンターから一気に決めてもらいたいところだが・・・
70分。ようやくリベリに代わってサアが入った。
トレゼゲでなくてもタレントが本当に揃っている。
ただゴールを奪えなければ意味がない。
どんなにいい製品をショーケースに並べていても売れなければ商売にならないのと同じだ。
ジダンのFKにアンリが流すも決まらない。
トレゼゲのイライラする表情が象徴的だ。
82分。ジダン・ビルトールの1・2も決まらない・・・
その直後、ビルトールに代えドラソーを投入。トレゼゲコールをしたくなる。
90分。ジダンから抜け出したサア。胸で落としたところにドラソー!
決定的なチヤンスも決められない。
ロスタイム。スイスも右からのFK。危なかったが手を使ってくれた。
結局、ゴールハンター、ドレゼゲの勇姿を観る事なく、貴重なジダンのカウントダウン。
両チームにとっては計算づくだろうが、観ている私たちにとっては物足りない結果だ。
願望をこめてフランスの快勝と予想したが、
想定内の一番なって欲しくない結果の0-0で終わった。

フランス 0 - 0 スイス

リベリは仕方ないだろうが、アンリには本当にがっかりだ。
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-14 06:39 | サッカー