イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

どっちが先か!-韓国 vs トーゴ-

アフリカ代表またアジア代表、いずれもまだ勝ち点をあげていない。
どちらが先に勝ち点をあげるのか、それとも分け合うのか・・・
前回大会、自国開催とはいえベスト4にまで登りつめ、7試合を戦った韓国。
一方、初出場のトーゴ。
ご存知アーセナル所属のアデバヨールのチームだ。
運動量ではどちらも引けをとらない、攻撃的な試合となるだろう。
そして裁く主審は、見慣れたグラハム・ポール。
いつもプレミアで見慣れているが、ここはドイツ。ワールドカップの大舞台だ。

均衡が破れてたのは31分。
スローインからダイレクトでつなぎ、最後はクバジャ!
素晴らしいゴールが決まり、トーゴが先制した。
一方の韓国も33分のFK。35分にもCKからのチャンスがあったがフィニッシュが・・・
42分にも素晴らしいFKがあったがgood saveで防ぐ。
45分のショートCKも決められない。
前半が終わって0-1。トーゴがリードでの折り返しとなった。
前半は1対1の局面で、韓国は厳しい場面が多く、頼みのパク・チソンも突破出来ない。
よく知らないFWが全く機能していない。

すると後半、アドフォカートが動き、アン・ジョン・ファンが入った。
これで流れが変われば・・・すると47分。高い位置でボールを奪い、パク・チソン!
韓国はこの形だろう。
53分。パク・チソンが飛び出したところにたまらずアバロが止めに入った。
この日2枚目のイエローで退場となってしまった。
パク自身に撃ってもらいと思ったが、イ・チョンスの鮮やかなFKが決まった。
54分。韓国が同点に追いついた。
63分。トーゴはアクシデントでアセモアサがOUTとなったが、
ワンタッチが多く、時間のかけない攻めで10人でも果敢に攻める。
しかし72分。アン・ジョン・ファンの素晴らしいシュートが左隅に突き刺さった!
韓国、逆転!パクの動きにDFもつられたが、完璧なシュート。
74分にもパク・チソンとの1・2でアン・ジョン・ファン!惜しい。
その後もブーイングを受けながらも時間をかけるボール回しを展開する韓国。
長いホイッスルが鳴り、韓国が大会初戦を白星で発進した。

前半、韓国は突破口がなく、パク・チソンのドリブルでの仕掛けや
イ・ヨンピョの深いえぐりも見られなかったが、
後半、アン・ジョン・ファンが入ってから溜めも出来、仕掛けやえぐりも見られた。
アフリカ勢より先にアジア勢が貴重な勝ち点「3」を死守した。

韓国  2 - 1  トーゴ

得点 31分クバジャ 54分イ・チョンス 72分アン・ジョン・ファン

マン・オブ・ザ・マッチ  アン・ジョン・ファン(韓国)
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-14 14:44 | サッカー