イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

エスパーニャ!エスパーニャ!エスパーニャ! -スペインvsウクライナ-

早いもので今日で出場国全てが出揃う。グループH。
"無敵艦隊"の称号もなかなか本大会で満足いく結果を出せていないスペイン。
対するのは、悲願の初出場を果たしたアンドリー・シェフチェンコ擁するウクライナ。
大トリではないが、とても楽しみな顔合わせである。
いつも優勝候補に推されているが、今大会は本当にタレントが揃ったスペイン。
中盤~トップにかけては誰が出ても遜色ない超豪華な布陣だ。
ラウール、ホアキン、レジェス、イニエスタ、セスク・・・
ベンチにいるメンバーでこの顔ぶれだ。
GKも控えがカニサレスと我がRedsの守護神レイナだ。
一方のウクライナはやはりシェフチェンコから目が離せない。

3分。F・トーレスから右サイドに展開し初めてのチャンスを作る。
5分。ウクライナもセットプレーから頭一つ出ている。
ウクライナはこうしたセットプレーが鍵となるだろう。
6分。F・トーレスが抜け出し、ペナルティボックス!惜しくもCKへ。
今日のフェルナンド・トーレスはやってくれそうだ。
8分。ルイス・ガルシアが切れ込みシュート!指くわえポーズが観たいぞ!
13分。マルコス・セナの強烈なミドルシュート!これが予兆であったか・・・
14分。続くCKに倒れこみながらシャビ・アロンソが合わせた。
ゴォ~~~~~~~~~~~~ル!スペインが待望の先制点をあげた。
17分。ビジャのFK。ゴォ~~~~~~~~~~~~ル!これで2-0。
ラウールを押し退けてポジションを奪っただけの事はある。
壁に当たりコースが変わったというLuckもあったが素晴らしいゴールだ。
32分。グシンがボックス内でシュートまでいくがシェフチェンコが「ここだろ!」と叫ぶ。
スペインはグラウンドいっぱいを使うダイナミックなサッカーを展開し、
まさに理想の形に近い。43分のビジャの突破も破壊力満点だ。
一方のウクライナはシェフチェンコのイラつきが物語っているように何も出来なかった
と言っても過言ではないだろう。
スペインにはまたまだ観たい選手が何人もいるが長丁場を考えれば、
ローテーションをしても何ら遜色ないだろう。
前半は2-0。得点差以上にスペインが圧倒した。

後半に入り、スペインの最初のチャンス。
F・トーレスがペナルティボックス内で倒された。
微妙な状況であったが、ヴァシュチュクが引っ張ったとして一発レッド!
PK!蹴るのはビジャ。GK反応するものの落ち着いて左隅に決めて3-0。
ただでさえ何も出来ないウクライナが10人になってしまった。
55分。いよいよお待ちかねラウール様が今日2得点のビジャに代わって登場だ。
またシャビ・アロンソもお役御免となりアルベルダが入った。
何だこの交代は(笑)何度も言うが代わって入る選手が豪華すぎるぞ!
61分。ウクライナもようやくこの日最高の見せ場を作ったが決められない。
68分。左サイドからのクロスにラウール!渾身のヘッドもGK正面。惜しかった!
73分。右サイドからのクロスにレブロフ!完全にゴール前、人数も足りていたが・・・
75分。左サイド深い位置でシェフチェンコが倒され、FKのチャンス。
ウクライナは次戦のためにもこうしたセットプレーを大事にしたかったが決められない。
77分。ルイス・ガルシアに代わってセスク・ファブレガス。
はぁ~・・・この交代も強烈だ。
このチーム、ブラジルより選手層は厚いかもしれない、いや明らかに厚い。
厚いといえば相当暑いのだろう、この試合。
選手だけでなく、主審も何度も水分補給をしている。
81分。スペインはダイレクトでつなぎ、最後はプジョルのエンジェルパスを受け、
走り込んだフェルナンド・トーレス!
ゴォ~~~~~~~~~~~~ル!
豪快かつ何とも気持ちいいゴールが決まった。
さぁ、カーニバルの締めくくりはラウールか!
87分。ゴール前ラウールへのスルーパス!惜しい。わずかに合わなかった。
その後もゴール前、最後はアルベルダ!もうやりたい放題だ。
90分。カシージャスが飛び出し、あわやという場面もあったが、
結局このままタイムアップ。
最後のシェフチェンコのシュートシーンが今日のウクライナを象徴していた。
4-0。私の願望以上のスペインの圧勝となった。
ウクライナは次戦のサウジアラビア戦で今日孤軍奮闘していたヴォローニン、
またシェフチェンコの爆発に期待したい。
一方のスペインはやはりシャビ、シャビ・アロンソそして何より
フェルナンド・トーレスのパフォーマンスが素晴らしかった。
両SBも攻撃に絡み、ほぼパーフェクトの内容であった。
ローテーションをしてもまだまだホアキン、レジェス、イニエスタが控えている(笑)
このままでは最終のサウジアラビア戦、二桁得点が生まれるかもしれない。
そんな無敵艦隊の強さだ。

スペイン 4 - 0 ウクライナ

得点 13分シャビ・アロンソ 17分ビジャ 48分ビジャ(P)
81分フェルナンド・トーレス

マン・オブ・ザ・マッチ フェルナンド・トーレス(スペイン)
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-14 23:59 | サッカー