イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

直前大予想!-FIFAワールドカップ 第8日-

本当に早いものでラームの衝撃のゴールから一週間が経ってしまった。
昨夜は我がイングランドが辛勝の末、決勝トーナメント進出を決めた。
「エクアドルvsコスタリカ」戦は見逃してしまったが、
イングランドの相手はドイツやエクアドルだ。
スウェーデンも本当に苦しんで勝ち点「3」を手にした。
さて今夜も眠れない戦いが続く。
どれをとっても豪華な組み合わせとなるグループC。
まずは「アルゼンチンvsセルビア・モンテネグロ」
アルゼンチンは初戦コートジボワールに格の違い、経験の違いを魅せつけた。
一方、堅守を誇るセルビア・モンテネグロはロッベン1人にやられたといっても過言ではない。
今日もメッシの登場があれば同じ過ちとはならないだろうが苦しくなるだろう。
仮に出場がなかったとしてもクレスポという決定力のあるストライカーがいる。
何せベンチにアイマール、テベス、メッシがいる程だ(笑)
しかしセルビア・モンテネグロも崖っぷちの戦いだ。
そうやすやすと引導を渡されてはと守って守って一気のカウンターで攻めたいところ。
結論、アルゼンチン 1 - 1 セルビア・モンテネグロ
得点 53’ケジュマン 88’メッシ

続くグループC「オランダvsコートジボワール」
オランダは初戦、ロッベンの大活躍で難敵・セルビア・モンテネグロから勝ち点「3」を奪った。
一方、強豪・アルゼンチンの前に経験値で負けてしまった感もあるコートジボワール。
いわゆるこれまたChlsea対決でもある。
ロッベンvsドログバ。やんちゃ者同士のぶつかり合いも楽しみの一つだ。
背水の陣で挑むコートジボワールもドログバの負担が大きく、苦しいか。
よって願望をこめての結論、オランダ 2 - 1 コートジボワール
得点 23’ロッベン 48’ドログバ 77’カイト

最後はグループDより「メキシコvsアンゴラ」
メキシコの初戦は観ていない。アンゴラもポルトガルを苦しめたが強烈な印象はない。
メキシコはマルケスを中心とした守りとブラボ、ボルゲッティ、フランコの攻撃陣も魅力だ。
とてもバランスのとれたチームに勝ち点は厳しいか。
よって結論、メキシコ 2 - 0 アンゴラ
得点 56’ブラボ 78’ボルゲッティ
明日は実家に帰るため、この試合はダイジェストでの観戦となるだろう。

今日も素晴らしいゴールを魅せてくれ!
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-16 15:53 | サッカー