イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新星から巨星へ -アルゼンチンvsセルビア・モンテネグロ-

決勝トーナメントの組合せでも何の不思議もないカード。
超豪華な組合せが続くグループC。
初戦、コートジボワールを破ったアルゼンチン。
カンビアッソ、アイマール、メッシ、テベスがベンチにいる贅沢な布陣だ。
しかし今日勝っておかないと最終戦はオランダとぶつかる。
死のグループとも呼ばれたが、ここで突破を決めたいところだ。
一方のセルビア・モンテネグロは崖っぷちだ。
欧州予選では無敵艦隊と呼ばれ、この本大会初戦でもウクライナに完勝したスペインを
2位に追いやり、トップ通過。失点もわずか1に抑えた鉄壁の守備を誇り、
カウンターからの一撃はまさに必殺であった。
本大会で2連敗で早々に敗退となるわけにはいかない。
カウンターからのケジュマン、またスタンコビッチのFKも見ものである。

試合はマラドーナのテンションのように早々に動き出した。
6分。左サイド深い位置でサビオラからスペースへのパス、走り込んだマキシ・ロドリゲス!
綺麗かつ豪快なシュートが決まってしまった。
あれだけ予選で堅守を誇ってきたセルビア・モンテネグロがこんな形で失点してしまうとは・・・
17分。アルゼンチンにアクシデント。
ルイス・ゴンザレスに代わってカンビアッソが入った。
31分。ワンタッチ、ツータッチでのパスワーク。まさに流れるような速い展開。
最後はクレスポノヒールにカンビアッソ!ゴォ~~~~ル!
言葉も出ないような攻撃でアルゼンチンが2点目を奪った。
37分。クレスポが飛び出しゴール!しかしオフサイド。
TVカメラの位置にもよるがオンサイドのように見えたが・・・
41分。サビオラが右深い位置でボールを奪うとゴール前へ切れ込みシュート!
流れたボールにつめたマキシ・ロドリゲス!早くもアルゼンチンが3点目をあげた。
前半は予想外の一方的なアルゼンチンペースで終わって3-0。
セルビア・モンテネグロはいいところなく3点のビハインドとなってしまった。

後半に入り、クレスポの強烈なシュートもあったが、
59分。今日絶好調だったサビオラに代わってテベスが入った。
後はメッシがダメならアイマールを観たい。
65分。ケジュマンがイライラをやってはいけない形で爆発させてしまった。
完全にスパイクの裏を見せてのタックル。一発レッド・・・
事実上、この時点でケジュマンのワールドカップは終わってしまったと言っていいだろう。
75分。マラドーナが絶叫するように世界が待っていたメッシが入った。
すると78分。左サイドをきれ込み、中央へクレスポ~!
メッシがわずか3分できっちりと仕事をこなしてしまった。これで4-0。
84分。すると負けていられないとばかりに今度はテベスが2人をかわしてシュート!
もうお祭り騒ぎだ。後はメッシのゴールをと期待しているとその瞬間が訪れた。
88分。中央が潰れたところから右オープンスペースを走り込んだメッシの前にボールが
そして右足を振り抜いた!新星から巨星へ。ここに伝説が生まれた。
アルゼンチン、6点目は世界が待っていたメッシのゴール。

結局、このままタイムアップ。6-0。
ただただアルゼンチンの強さだけが目立った。
結局、セルビア・モンテネグロは自慢の堅守をこのドイツでは魅せられずに終わった。
メッシの衝撃は改めて世界中に広まり、この津波は止める事は出来ない・・・

アルゼンチン 6 - 0 セルビア・モンテネグロ

得点 6分 マキシ・ロドリゲス 31分 カンビアッソ 41分 マキシ・ロドリゲス
78分 クレスポ 84分 テベス 88分 リオネル・メッシ

マン・オブ・ザ・マッチ リオネル・メッシ(アルゼンチン)

※15分しか出ていないのにという意見があるのは百も承知。
私の独断では彼以外ありえません・・・
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-17 00:08 | サッカー