イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ディープインパクトの後は・・・-スペインvsチュニジア-

ディープインパクト。
ここでは四冠馬の事ではなく、無敵艦隊と呼ばれるスペインの初戦の衝撃だ。
ヨーロッパ勢で一番乗りを決めたウクライナに対してのワンサイドゲーム。
初戦ではその強さまた今大会一の中盤~トップの選手層を改めて痛感した。
しかし昨日の予想にも書いたが大勝の後は意外に嫌なものだ・・・
一方のチュニジアは正直、トラベルシ以外は興味がなく初戦も観ていない。
注目のラウールはやはり控え、ビジャ、フェルナンド・トーレスが結果を出している。
仕方ないだろう。何度も言うがラウールだけでなく以下がベンチにいるのだ。
ホアキン、セスク、レジェス、イニエスタ、アルベルダ・・・
もう笑うしかない(笑)

試合は5分。ルイス・ガルシアが落としたところにビジャ!最初のチャンスであった。
先制はチュニジア。ジャジリが前線でDFを引き付けて粘り、中央のムナリへ。
こうなれば面白いと思っていたチュニジアの先制点。凄い試合になりそうだ・・・
想像通り、怒涛の攻めを見せる無敵艦隊だがフィニッシュまでが決まらず、苦しい展開。
すると30分。ゴール前でプジョルがイエローを貰うFKのピンチ。
アヤリのFKはGKカシージャスの正面。そのカウンター。
F・トーレスが絶妙なステップであったが、フィニッシュが決まらない。
40分。シャビ・アロンソの前が一瞬空き、右足を振り抜いた!
枠にはいかなかったがきっちりフィニッシュまでいけたという意味では大きい。
さすがは頼れる我がRedsの中心選手。素晴らしい・・・
44分。シャビからフェルナンド・トーレス!徐々に近づいてきたぞ~・・・
そのCKにシャビ・アロンソ!決定的ではあったがクリア!いやぁ~・・・
終盤にかけては完全にリズムを取り戻したがゴールは奪えなかった。
結局、前半が終わって0-1。チュニジアのリードでの折り返しとなった。

後半、ルイス・アルゴネスは贅沢なカードの中からラウールとセスクを選んだ。
セナとルイス・ガルシアが下がった。
依然、猛攻を仕掛けるスペイン。55分をまわる頃、早くも3枚目のカードをきった。
ビジャに代えてホアキンの登場だ。
これでもイニエスタとレジェスは出られないのだ・・・
60分。ピッチコンディションを考慮し、ペルニアが遠目から撃っていった。
いい狙いではあった。弾いたところをラウールなど想像してしまう・・・
65分。シャビからフェルナンド・トーレスへの絶好のスルーパス!これもダメ。
71分。私も思わず「来たぁ~~!」と叫んでしまった。
ホワキンが右サイドから崩し、溜めを作って折り返したボールをシュート!
GK弾いたところにつめたラウール!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~ル、ゴォ~~~~ル、ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
スペイン待望の同点ゴールはラウール!
76分。またしても叫んでしまった。
セスクから左オープンスペースへの最高のスルーパス!
GKが出て来たところを落ち着いて右アイトサイドで蹴り込んだ!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
遂に無敵艦隊が逆転した。
80分。観衆をそして観ている人全てを驚愕されるようなワンタッチでの攻め込み。
無敵艦隊が完全にリズムを取り戻した。
89分。浅いDFラインの裏、完全に抜け出したフェルナンド・トーレス。
またしてもセスクからの決定的なパス。
しかしGKブムニエルのファイン・セーブ!トーレスは1点を取り逃がした。
90分。そんなトーレスに神様はチャンスを与えてくれた。
ラウールのクロスに背中を引っ張られたフェルナンド・トーレス。
主審はペナルティスポットを指差した。自分で貰ったPKを自ら決めた。
まあ今回はトーレスが自分で貰ったPKだが、フィーゴにしてもラウールにしても
次の時代を担う選手にPKを譲った。
少し寂しい気がしたのは私だけだろうか?

リズムが悪くても中盤からトップにかけての選手層の厚さがモノをいった。
代わって入ったメンバーがラウール、セスク、ホアキンだ。
前半と違う展開が出来、質は落ちるどころがとんでもないメンバーだ。
暑い気候が続き、体力的にもキツイと言われる今大会。
トーナメントでは1試合が命取りだが、このチームが7試合戦う可能性は十分だ。

スペイン 3 - 1 チュニジア

得点 8分 ムナリ 71分 ラウール 76分フェルナンド・トーレス
90分 フェルナンド・トーレス(P)

マン・オブ・ザ・マッチ シャビ・アロンソ(スペイン)

※決定的なパスの演出、苦しい中でのシュートや中盤をピッチ狭しと大活躍。
後半リズムを変えたセスク、トーレスにもあげたいが90分の働きに拍手!
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-20 10:29 | サッカー