イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

直前大予想!-FIFAワールドカップ 第11日-

いよいよ今日からの4日間で次のステージチケットが決まる。
まずはグループA。
既にドイツとエクアドルがチケットを手にしているが、問題はその順位だ。
当然、ドイツ国民いや世界中の殆どの方がドイツ1位と思い、
既にミュンヘンのチケットを手配済みの方も多いだろう。しかしまだわからない。
日本が次のステージチケットをなどというレベルではない。
本当にエクアドルは強く、素晴らしいサッカーを展開している。
今日の結果が我がイングランドの進む道さえ変わりかねない。

という訳でまずはマッチ33 「エクアドルvsドイツ」
両チーム共既に決勝T進出を決めているが、とても興味深い試合だ。
エクアドルは絶対に1位通過とはドイツほど思ってはいないだろうが、
手を緩める訳にはいかない。
お互いイエローを貰っている選手の出場が微妙だ。下記がその選手だ。
エクアドル ウルタド、メンデス、カスティージョ、デラクルス、モラ
ドイツ バラック、オドンコー、メツェルダー
注目は中でも前の試合が初出場にも関わらず貰ってしまったバラックだ。
悩めるクリンスマン。どうする・・・ゲルマン魂に期待を込めて
結論、エクアドル 1 - 2 ドイツ
得点 21’デルガド 72’シュヴァインシュタイガー 88’ノイヴィル

続いて残念ながらここで敗退の決まったチーム同士の対戦。
マッチ34 「コスタリカvsポーランド」
ポーランドは2位通過が確実視されていたにもかからわずに未だまさかの勝ち点0。
一方のコスタリカもワンチョベが2得点あげたものの7失点で勝ち点0。
ワンチョベのゴールにも期待したいがここは意地をみせるか・・・
結論、コスタリカ 1 - 2 ポーランド
得点 36’ズラフスキ 44’ズラフスキ 63’ワンチョベ
両チームのゴールに期待したい。

そして我がイングランドのいるグループB。
まずはマッチ35 「スウェーデンvsイングランド」
既にグループ突破を決めている我がイングランド。
どいつとは絶対にやりたくないが、エクアドルもキツイ。
贅沢は言えないが一応は選べる状態。かといってわざと手を抜くという事はないだろうが・・・
イングランドでイエローを貰っているのは、フランク・ランパード、ピーター・クラウチ、
そしてスティーブン・ジェラードだ。
おそらくエリクソンは、クラウチとスティーブンを外してくるのではと読む。
ランパードも出来れば前半で交代させたいくらいだろう。
先発は、スティーブンの代わりにマイケル・キャリック。
クラウチの代わりにルーニーかレノン。
ハーグリーブスを使ってランパードを前目に使うという選択肢もあるが果たして・・・
一方、スウェーデンは勝ち点は絶対に欲しいところだろう。
グループAの試合にも左右されかねないため難しいが、
結論、スウェーデン 1 - 1 イングランド
得点 11’ラーション 81’ウエイン・ルーニー

最後はマッチ36「トリニダード・トバゴvsパラグアイ」
わずかな望みをかけて挑むトリニダード・トバゴ。
ヨークの笑顔が何とも愛らしく彼のゴールを是非この舞台で観てみたいものだ。
しかし決勝トーナメントでとなるとやはりスウェーデンが観たい。
一方、このグループで鍵を握ると思われたパラグアイ。
イングランド、スウェーデンとの連戦はさすがに厳しかったか・・・
ここは是非ともヨークのゴールが観たいので願望、期待をこめて・・・
結論、トリニダード・トバゴ 1 - 1 パラグアイ
得点 66’ヨーク 84’ サンタクルス

さぁ今夜も眠れない!
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-20 21:14 | サッカー