イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

偉大なる前回大会優勝監督 -ポルトガルvsメキシコ-

勝ち抜けが決まっているポルトガル。
40年ぶりというのが未だに信じられない・・・
一方のメキシコ。このグループは一番固いと思っていたが最終戦までわからない。
ポルトガルはポルトガルでイエローを貰っている選手は、ロナウド、ヌーノ・バレンテ、
デコ、パウレタ、コスティーニャの5人。
ルイス・フェリペ・スコラーリはやはりこの5人を外して来た。
じっくりと守って隙を見て狙おうという作戦であろう。

試合は早々にその作戦が当る・・・5分。立ち上がりからやはり攻め込むメキシコ。
カウンターから一気に左シモンから中央へ走り込んだマニシェ!
あっさりとポルトガルが先制した。
その後も必死に攻めるメキシコだが焦りからかマルケスがCKのボールにハンド。
PKを与えてしまった。キッカーはシモン。
フィーゴばりのフェイントをいれ浸りに叩き込みこれで2-0。
少ないチャンスを確実にモノにしたポルトガルがわずか24分で2点のリードを奪った。
前半のうちに最低でも1点は返したいメキシコ。
29分。CKにフォンセカが飛び込んだ!1点を返したメキシコ。
これだけ序盤から攻め続けていたにも関わらず2点を失ったメキシコにとって
この時間帯での得点は大きかったであろう。

後半に入り56分。ペレスが倒され、PKを得たがブラボが外してしまった。
喜びすぎたか・・・
60分。またしてもロペスが倒れたがシュミレーション。
オーバーな芝居に主審は冷静にこの日2枚目のイエローを提示。
役者がピッチを去ってしまった・・・苦しいメキシコ。
イランの活躍に期待したいだろうが失点をしなければ同点に追いつく事も出来る。
ヌーノ・ゴメスはまだかなぁ~と思っていたらフェリペが動いてくれた。
70分。私が観たかったヌーノ・ゴメスがピッチに入った。
後はボア・モルチだが厳しいであろう・・・
すると80分。何とフィーゴに代わりボア・モルチが入った。
2人のゴールに期待したかったがこのままタイムアップ。
前半のスコアのまま終了した。
主力5人を休ませての勝ち点「3」。偉大なる前回大会優勝監督・・・さすがだ。

ポルトガル 2 - 1 メキシコ

得点 5分 マニシェ 24分 シモン(P) 29分 フォンセカ

マン・オブ・ザ・マッチ マニシェ(ポルトガル)

※攻守の基点となり、先制のゴール。
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-22 07:11 | サッカー