イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

直前大予想!-FIFAワールドカップ 第13日-

いやぁ~昨夜&今朝は改めてアルゼンチンの層の厚さにただただ脱帽した。
試合自体はやはり勝ち組同士という事でやはりなって欲しくない想定内の0-0。
しかし十分見ごたえのある試合であった。
壮絶な状況下での試合であった欲しかった反面、
負けた方が決勝Tに進めないという試合でなくて良かったといった方がいいだろう。
ポルトガルはフェリペの強かさを観た。カウンターからの2得点。
イエローを持っていた主力5人を休ませての勝ち点「3」はじつに見事。素晴らしい!

さてさて今夜は大変だ。
生まれて初めて2つのモニターで同時に2試合を観る、グループE。
予想通り大混戦となった"死の組"グループE。
全チームに勝ち抜けの可能性がある。
まぁ「チェコvsイタリア」がメインになりますが、
当然他会場の情報も入ってしまうと思うのでブログはお休みさせて頂く事となります。
まずはマッチ41「チェコvsイタリア」
いやぁ~どっちも決勝トーナメントで観たいんだけどなぁ~・・・
チェコは初戦と二戦目が全くの別チームになってしまった。
コレルの欠場もあっただろうが元々豪華な布陣だか、層は決して厚くはない。
そして主力が年齢的にギリギリというところもある。
この試合はロクヴェンツ、ウイファルシが出られない。
コレル、バロシュがどうなのか・・・
一方のイタリアは得意の引き分けで通過が確定とはいえ、
2位通過はプライドが許さないだけではなくいきなりブラジルだ。絶対に避けたいだろう。
出られないのはデ・ロッシ。代わりはガットゥーゾか。
とにかくどうなるかわからないがコレル、バロシュが戻れば面白いのだが・・・
予想はコレル、バロシュが戻ったと仮定したら・・・
チェコ 1 - 1 イタリア
得点 66’コレル 77’トーニ
その2人が戻れなかったら
チェコ 0 - 2 イタリア
得点 44’トーニ 81’デルピエロ

続いてマッチ42 「ガーナvsアメリカ」
両チーム共可能性がある。
より近い位置にいるのはガーナだが、アメリカもイタリア戦で底力を魅せてくれた。
ガーナは好調の2人、ギャンとムンタリ、
アメリカはエディー・ポープとパブロ・マストロエニが出られない。
人数は五分五分だがガーナの方が痛いであろう。
何とも難しいが結論、ガーナ 1 - 1 アメリカ
得点 63’ドノヴァン 83’エッシェン

続いてグループF。
ブラジルは当然のごとく確定。残る1議席を3チームが争う形となった。
最終戦にブラジルと当る日本はジーコが相手チームの選手に声をかけても厳しいだろう。
いくら英雄、神様といっても話しは別だ。
となると「クロアチアvsオーストラリア」の勝者だがクロアチアは前の試合で
何をしていたのだろうか?観ていないのでわからないが、ここまで来たら決勝Tでの
ヒディングが観たくなって来た。
ではまずマッチ43 「日本vsブラジル」
とにかくブラジルは流さないでやって欲しい。それだけだ。
よって結論、日本 0 - 5 ブラジル
36’アドリアーノ 39’アドリアーノ 44’カカ
71’ロビーニョ 74’エメルソン

続いてマッチ44「クロアチアvsオーストラリア」
試合後主審に暴言を吐いたとしてキューエルの出場が微妙だと聞いた・・・
何とか出て欲しいが、グループEをLiveで2試合同時に観るため
このグループの試合はどちらもまず観られないだろう。
結論、クロアチア 2 - 1 オーストラリア
得点 16’クラスニッチ 42’プルショ 78’ビドゥカ
ロベルト・コヴァチの欠場は痛いがクロアチアが結局は切符を手にしそうだが、
相手はヒディングだけに本当にわからない。
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-22 10:43 | サッカー