イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ここからが本番。決勝T1回戦 -ブラジルvsガーナ-

連覇へ向けて王者・ブラジルが決勝トーナメントに登場。
さんまさんも言っていたが、王者にとってはここからが本気であろう。
日本戦でのタマーダッの一発で、「このヤロー!」と少しだけ本気になったが、
この試合ではロナウジーニョ様のあのChlsea戦で見せたような強烈な
舌なめずりを観てみたい。
一方のガーナ。アフリカの代表として失うものは何もないとばかりに
果敢に挑んでいくであろう。ブラジルにとっては嫌な相手であるには間違いない。
あぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
やっぱりなめまくっている~~~~~~~~~~!ロナウジーニョさまぁ~・・・
ギラギラしているぅ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~・・・
これっ、これっ、これ~~~~~~~~~~っ!これを観たいのよ!
間違いなく今日はすっげぇ本気なブラジルだ!
返す返すもエッシェンは出たかっただろう・・・
またロナウジーニョとそして最高の舞台で最高の相手との戦いを・・・
本当に残念でならない・・・

4分。ガーナの攻撃の早さは面白い。
と思っていたらロナウドォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
太り過ぎ~とか言われても仕事すんのよ、この男は!
ワールドカップという舞台では特に・・・
本当に一瞬の隙をついて開始5分にブラジル先制!
先制パンチという言葉があるがまさにぴったりだ。
13分。今度はアドリアーノ!しかしGKに倒されたように見えたがPKの反対。
シュミレーションをとられアドリアーノにイエローとなってしまった。
これも完全に飛び出した超決定的な場面。
19分。ドラマニの強烈なロングシュート!おおぉ~・・・
24分。ガーナも中央、アモア!何故かぽっかり空いていた決定的な場面。
入っていればまた大変な状況になっていただろうが・・・
29分。またガーナはいい攻撃からアモア!これまた惜しい!
その直後のカウンター!またイエローを貰ってしまう・・・
後半2枚目の選手が出ない事を願うが
(ちなみにカカはイエローを貰わなくても2枚目だが(こりゃ、失礼!))
36分。クロスにギャン!
あ~~~~~~~~~あ・・・ギャンが白くなってるぅ~~~~~~~~~~~!
倒れたところがライン上だったみたいだ・・・惜しいチャンスだ、いいぞガーナ!
37分。アドリアーノをやっぱりイエローで止めるしかないガーナ。キツイ・・・
42分。ガーナのCKにメンサー!どフリーのヘッドだったがジーダの足元!
決定、決定、決定的だった・・・
こんだけ圧してても世界一の迫力あるカウンター!
アドリアーノが微妙な位置だったが2点目が入った。
これがブラジル。これが王者だ。
しかし、いちゃもんとかじゃなくてあっちサイドの線審、結構びみょ~よ・・・
後半はガーナに厳しくしちゃったりなんかしないで公平で欲しいけど・・・
結局、前半2-0。さんまさんの言った通り王者らしさを魅せたぜ前半が終わった。

57分。ロベルト・カルロスが抜け出す!決定的場面だがよく防いだ!
61分。ガーナが動けばブラジルも動いた。
アドリアーノに代えて魔法の右足、ジュニーニョ・ベルカンブカーノ投入。
あのキックは間違いなく世界一だ。
勿論、スティーブン・ジェラード様が地球一。いや宇宙一なのだが(笑)
69分。アッピァからギャン!決定的だがまたジーダ!
79分。ロナウジーニョが奪われてから最後はギャン!これもダメ。
その直後GKへのバックパスも強めのヘッド!
そして心配していた事がやはり現実となってしまった・・・
ギャンがシュミレーションをとられ2枚目のイエロー、退場となってしまった・・・
で2枚目のイエローが出た直後、2枚目のカカが交代となった(しつこいね)
84分。ゼ・ロベルトが抜け出しGKをかわしてダメ押しといえる3点目が決まった。

やはり王者の前に結果としては完敗となってしまったガーナ。
しかし内容としては圧していた場面、決定的な場面も再三あった。
選手全員悔しいだろうが、出られなかったエッシェンが一番悔しいかもしれない。
でもガーナがこのワールドカップという檜舞台では最高の経験をした。
次は南アフリカ。もっともっとガーナの大声援が聞こえるだろう。
その時はひょっとするかもしれない・・・

ブラジル 3 - 0 ガーナ

得点 5分 ロナウド 46分 アドリアーノ 84分 ゼ・ロベルト

マン・オブ・ザ・マッチ ジーダ(ブラジル)

※決定的な場面を何度もファインセーブで止めた。
42分のメンサーのヘッドを止めたのは神かがっていた。
ロベルト・カルロスの運動量も凄かったが彼の鉄壁さに拍手!
[PR]
by jicchan1968 | 2006-06-28 01:53 | サッカー