イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

赤と青の名勝負数え歌 -FA Community Shield- CHELSEA vs LIVERPOOL

e0055069_9235690.gif
Millennium Stadium 。
リーグとカップの王者が激突するシーズンの幕開けを告げるゲーム。
Redsはキャプテン、スティーブン・ジェラードを休ませた。
彼だけではなく、絶大なる信頼をおくシャビ・アロンソもベンチ。
スタメンはGKレイナ、DF右からフィナン、キャラガー、アッガー、リーセ。
そして中盤はシソコ、ゼンデン、ペナントにマルク・ゴンザレス。
セカンドトップにルイス・ガルシア、トップにクラウチという布陣。
一方のChlseaはGKクデッチーニ、DF右からジェレミ、カルバーリョ、
ジョン・テリー、パウロ・フェレイラ。
注目の中盤はエッシェン、ランパード、バラック、ロッベン。
2トップにドログバとアンドリー・シェフチェンコという豪華なラインナップ。
しかし、結果は・・・

”This is counterattack”というシェフチェンコがとったCK
からリーセが一気に駆け上がってのズドン!実に気持ちいい先制点であった。
前半終了間際に名刺代わりの挨拶と言わんばかりのシェフチェンコの一発があったが、
Chlseaの出来の悪さもあって、上々の前半。
後半60分まではちょっとダラ気味であったが、ここで千両役者の登場!
スティーブン・ジェラードとシャビ・アロンソの投入だ。
ここから試合もしまり、80分。遂に歓喜の瞬間が訪れた。
ベラミーがぽっかり空いた左のスペースを突き、どんぴしゃのクロス!
テリーの頭を越えたボールはクラウチのどんぴしゃヘッド!
ゴォ~~~~ル!これまた気持ちいいゴールが決まって2-1。
結局、Redsが絶対王者Chlseaを破り、幸先いいスタートをきった。

今シーズンのChlseaのベストとも言える布陣は、
復帰が望ましいGKチェフ、DFは本当は右ギャラスだが難しそうなのでジェレミ、
カルバーリョ、テリーに左がフェレイラかブリッジかそれともあの人か・・・
中盤は底にマケレレがドンと構え、セントラルにランパードとバラック、
左ロッベンで右がカルーかショーン・ライトかエッシェン、1トップにシェフチェンコ
というところか・・・しかしドログバももったいない気もするし・・・
一方のRedsはカイトが決まったみたいだ。
カイトはもっとWCでも馬面なんか使わずに使ってくれと懇願したほとだ。
ヒューピアのバックアップとしてもう1人くらい欲しいというところぐらいで、
一見地味に見えるかもしれないが実にいい適材適所の補強といえよう。

とはいっても現時点でChlseaの新布陣が息ぴったりでは長いシーズン、
たまったものではない(笑)
さぁ今夜いよいよ開幕!ミッドウイークもあるしさぁ大変だ(笑)

CHELSEA 1 - 2 LIVERPOOL
[PR]
by jicchan1968 | 2006-08-19 13:05 | サッカー