イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

This is Wanderers game - Wanderers vs Spurs -

e0055069_8471172.gif
Reebok Stadium。
このスタジアムの名称は変わらないらしい。
昨シーズン、あのチームの陰謀か呪いのような食中毒でCLを逃したスパーズ。
キャリックを失ったものの、アーロン・レノンからは目が離せない。
そしてデフォーと新戦力ベルパトフの2トップは魅力だ。
一方のワンダラーズは相変わらずケビン・ノーランが元気そうだ。
Reebokでは強いといってもスパーズも負けられない。果たして・・・

9分。スピードのCKにデイビスのヘッドがどんぴしゃ!
やはりワンダラーズの先制点はセットプレーからであった。
続く13分。ルーズボールにイバン・カンポが鋭く振り抜いた!
事故とも言える強烈な一発で早くも2-0となった。
まだ1試合と13分しか観ていないが、今節ベストゴールともいえるシュート。
さぁどうするスパーズ・・・
24分。ようやくダーヴィッツ→ベルパトフ→デフォーといい形が見られた。
31分。ベルパトフが上手く左に開いたデフォーに回したが、クロスが・・・
ベルパトフに戻せば面白い展開になっていたかもしれない。
そりにしてもベルパトフは注目されるに値する十分なパフォーマンスだ。
35分。スピードの味のあるFK。
41分。ベルパトフの突破から倒され、FKのチャンス。返したいところだ。
しかしジーナスのキックは枠のはるか上。
前半、ワンダラーズが2点のリードで折り返した。
それにしても本当にここReebokでは強い・・・

50分。ようやくレノンが魅せてくれたがフィニッシュが決まらない・・・
55分。相手クリアボールにケビン・ノーラン!
決まったいたら試合も完全に決まってしまった。
60分も迎え、Jolはゾコラを下げ、ロビー・キーン投入だ。
何せ2点を取ってようやく勝ち点「1」だ。
62分。スルーパスにベルパトフ!惜しい場面であった。
64分。FKからデュウフ!いかにもワンダラーズらしい攻撃だ。
72分。ゴール前でデフォーが倒され、FKのチャンス。
これを決めないと勝ち点は難しいだろう・・・
またジーナスだ。今日の彼は入る気がしない。
結局。このままタイムアップ。
This is Wanderers gameという試合であった。
しかしベルパトフの今後の活躍には注目したい。

Wanderers 2 - 0 Spurs
[PR]
by jicchan1968 | 2006-08-20 11:10 | サッカー