イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

やっぱり面白かった・・・ - Newcastle United vs Wigan -

e0055069_21245717.gif
Saint James’Park。
偉大なるアラン・シアラーが去り、
マイケルも戦列を離れている・・・
しかし、スコット・パーカー、、ソラーノ、バット、エムレ、そしてダフ。
相変わらずの豪華な中盤のラインナップだ。
一方、昨シーズンあわやという開幕戦が未だ記憶に新しいウィガン。
ポール・ジュエルの手腕が光ったが、ヘスキー&カマラの2トップは魅力だ。
そして何と言っても注目はランツァートの加入である。
昨シーズン同様、最後まで諦めず疲れを知らないこのチーム。
楽しみな開幕カードの一つだ。

16分。ニューキャッスルにアクシデント。バットがOUTとなった。
17分。スコット・パーカーのミドル!キレのいいミドルであった。
25分前後、一連の流れが完全にウィガンのペースとなったがフィニッシュが・・・
28分。カマラが倒されたがわずかにホックスの外。
30分。ニューキャッスルもダフからソラーノ!いい展開であった。
34分。ヘスキーが倒されて得たFK。ニアで上手く合わせたがダメ・・・
37分。アメオビが上手く胸でトラップし、粘りクロス!
競り合いにキャプテン、スコット・パーカー!ニューキャッスルが先制した。
ウィガンが決められそうなところで決められないとこうなるものだ・・・
41分。ヘスキーからカマラ!続く44分にもカマラの難しい位置からのヘッド!
というあわやの場面もあったものの前半は1-0で終了。
ウィガンは流れを結果に結びつける事は出来なかった。

53分。ゴール前のFK。ランツァートが蹴ったが枠の上。
開幕同点ゴールとはいかなかった。
55分。ウィガンのCK。完璧に捉えたヘッド!コースも良かったがソラーノがクリア!
ツキにも少し見放されつつある・・・
その直後、ババヤロとカークランドが接触。カークランド大丈夫だ!頑張れ!
59分。競り合いにヘスキーがヘッドで落としたところにマッカロック!
ようやくゴールが決まり同点に追いついたウィガン。
さぁ、どうするニューキャッスル・・・
1点が更なる起爆剤となったのか相変わらずイケイケのウィガン。
しかし64分。エンゾコビアの強烈なミドルのこぼれ球にアメオビ!
ゴォ~~~~~~ル!これだからプレミアはたまらない(笑)
ピンチと思われたニューキャッスルが勝ち越しとなる追加点を奪った。
71分。ようやくダフにチャンスが訪れたが決められない・・・
74分、ヘスキーの一発もあるが決められない。
76分。アメオビに代わり、注目ルケが入った。
80分。カマラからのボールにランツァート!
この日一番という決定的な場面であったが、決められない・・・万事休すか・・・
しかしまだポール・ジュエルは動かない。
流れが悪いとか誰かが動けないわけでもないので動かないのであろう。
結局このままタイムアップ。
ニューキャッスルは難しい試合を勝ち点「3」で終えることが出来た。
予想通り、とても面白いゲームであった。

Newcastle United 2-1 Wigan
[PR]
by jicchan1968 | 2006-08-21 22:55 | サッカー