イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

えっ!WOWOW?-UEFA Super Cup- Barcelona vs Sevilla

Stade Louis Ⅱ。
思わずWOWOWかと思ってしまうスペイン勢同士の対戦となった。
一歩間違えばプレミア同士の対戦となっていたかもしれない・・・
(まぁバルサにあのアンリだけのださいチームが勝てる訳がないのだが)
プレミアどっぷりになってしまった今の私にとっては
かつてWOWOWでリーガを観ていた頃が懐かしく思えてしまう・・・
チャンピオンズリーグ決勝以来となるバルサがどんなサッカーを見せてくれるのか、
そしてセレソンとして結果を出せなかったロナウジーニョにどーしても
期待が高まってしまう・・・

時計表示がないので全体的な感想しか書けそうにない・・・
立ちあがりセビージャペースで進んでいたら早速ゼビージャが先制した。
7分。レナトが素晴らしいトラップからルイス・ファビアーノへ。
ファビアーノのシュートのこぼれ球にレナト!
無人のゴールに叩き込んでセビージャが先制した。
これで面白くなった。さぁバルサの反撃は・・・
徐々にペースは取り戻して来たものの45分。
CKからクリアしたボールにヘッドで繋ぎ、最後はカヌーテのバックヘッド!
バルサにとっては絶対に失ってはいけない時間帯での何とも痛い失点。
ここで長いホイッスル。セビージャにとっては最高の前半が終わった。
バルサらしさは1シーンあったかないかくらいの前半。
後半選手交代を含め、ライカールトがどう動いてくるか・・・
個人的には、ジュリ、グジョンセンが観たいのだが・・・

後半の立ち上がりもバルサがギラギラ感がない。
一方のセビージャとしては最高相手との檜舞台。
この試合に対するモチベーションも違って当然であろうか・・・
銀河系と呼ばれたチームよりはるかに銀河系に近いバルサ。
常に最高の結果を求められてしまうのも当然とも言える豪華な選手層。
その息の根を止める3点目は決まらなかった。
やはり56分をまわった頃だろうか、ライカールトが動いた。
シャビ、モッタに代え、イニエスタとグジョンセンが入った。
グジョンセンが1人張り切っていたが、時間がない・・・
そして試合終了間際、アントニオ・プエルタがカルレス・プジョルに倒された!
ファリーナは迷わずペナルティボックスを指差した・・・PK!
マレスカが渾身の力いっぱいのシュートがゴールネットにまさしく突き刺さり、3-0。
セビージャが会心のゲームを締めくくった。

やはり今日のゲーム、バルサにとっては同じスペイン勢という事が仇となっただろう。
そして試合の入り方とセビージャのモチベーションが今日は上回ったむという事だろう。
いつも会心のゲームを求められてしまう現在のバルサ。
凄いバルサも観たかったがまだシーズンはこれから・・・
チャンピオンズリーグでたっぷりと手のつけられないバルサを見せてくれるだろう。
今日はセビージャの素晴らしいサッカーに心から拍手を贈りたい。

Barcelona 0-3 Sevilla
[PR]
by jicchan1968 | 2006-08-26 16:39 | サッカー