イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

何も出来ない筈が・・・- Manchester United vs Arsenal -

e0055069_21291133.gif
Old Trafford。
ユナイテッドもチェルシー同様HOMEの試合が続いている。
絶好超のロケットスタートを決めたユナイテッド。
このままこの難敵も無難にクリアすればまた波に乗るだろう。
そしてスコールズとウエインがこの試合から復帰。
特にウエイン&サアの爆発、ロナウドも絶好調だ。
一方のロンドンのアンリ様だけでもっているダサいチームはそのアンリ様が欠場。
試合前から結果は見えているが・・・
そしてチームの構成も「Joseのところでやりた~い」と
イングランド代表アシュリー・コールも逃げ出し、どこの国のチームかもわからない。

ユナイテッドのスタメンはライアンが抜けた以外はほぼベストメンバー。
いやGKが違う。クッシャク?大丈夫か・・・
ファン・デルサールは相当不安定なDFラインをカバーしていたが・・・
あとはマイケル・キャリックはスコールズが戻り、お休みといったところか・・・
あっダサイチームにもいた。素晴らしいギャラスという選手が・・・
しかも背番号が「10」だ。点取り屋じゃないんだから・・・

5分。さっそくダサいチームのGKがやってくれた。
手で扱ってはいけないポジションでボールを手で扱ってしまった・・・イエロー。
ルールを知っているのだろうか?
しかし11分。不安が的中してしまった。GKクッシャクがアデバヨールを倒しPK!
厳しいデビュー戦となってしまった。
しかしジウベウトのキックを止めた!
ジウベウトは蹴る時、すべっている~やっぱりダサ~い(笑)
その直後のCK。ヘッドであわせたが何とか弾き出し、スコールズが渾身のクリア!
やっぱりアンリ様がいないと何も出来ない・・・
クッシャクもこの2つのプレーでのってくれる事だろう・・・
23分。ロナウドから左サイドのスペースへウエイン!いいスルーだった。
24分。アクシデント発生。シルベストルからエブラに交代。
怪我の功名といったところでかえってラインが安定すると思うのは私だけだろうか。
27分。エブラのスライディングからのボールにロナウド!GK Good save!
41分。ロナウドがミドル!いいシュートではあったが決められない。
43分。フレッチャーのクロスにロナウド!
胸で綺麗にトラップして思いっきり蹴ったシュートがアッパー気味にGKの顔面に入った。
結局、決定的な場面はあったものの、0-0での折り返しとなった。

59分。右サイドフレッチャーからのクロスにサア!惜しくも枠を外れた。
すると60分。FKにギャラス!さすがは背番号10。これねも惜しいシュートであった。
64分。カウンターからアデバヨール!決定的な場面も決められない・・・
やはりアンリ様がいないと本当に何も出来ない。
局面打開を図ろうと78分。あろう事に復帰戦となったウエイン、スコールズがOUT。
代わってキャリック、スールシャールが入った。
これで引き分けたらあの爺さんへのブーイングは必至だ。大丈夫か・・・
ウエインがイエローを貰っているならわかるが・・・
80分。オシェイのお粗末なプレーからバチスタがシュート!
あやうく失点という場面であった。
86分。セスクからアデバヨール!この時間帯にアーセナルが先制した。
その直後87分。スールシャール!レーマンがGood save!決定的な場面であった。
92分。ブラウンのボレーシュートもレーマンがキャッチ!時間がない。
結局このままタイムアップ。

アンリ様がいないと何も出来ないのに、
Old Traffordで勝ち点「3」が拾えたのは大きいというか奇跡だ。
一方のユナイテッドは飛車角金銀抜きといっていいアンリ様のいないダサイチーム
とのスコアレスドローでもまさしく痛み分けというのに、
相手に勝ち点「3」を献上してしまったのは本当に痛い。
リーグ全体をみれば面白くなったのだが、ダサいチームが勝つのは全く面白くない。
ウエインの交代は波紋を呼びそうだ・・・

Manchester United 0-1 Arsenal
[PR]
by jicchan1968 | 2006-09-19 23:49 | サッカー