イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ラインズマンの判定。-Liverpool vs Bolton Wanderers-

e0055069_091695.gif
Reebok Stadium。
色々あって今日のUPとなってしまった。
ここのスタジアムで勝ち点「3」を取るのは難しい。
ましてやランチタイムである。果たして・・・

RedsのスタメンはGKレイナ。
DF右からフィナン、キャラガー、ヒューピア、リーセ。
中盤は中にシャビ・アロンソとシソコ、右ペナントで
左がスティーブン・ジェラード。2トップはカイトとベラミー。

最初のチャンスは8分。
右サイドからのFKにカイト!よく合わせたヘッドであった。
その後も果敢に攻め込み、最高の見せ場は20分。
ベラミーのクロスのクリアボールにシャビ・アロンソがダイレクトボレー!
まさしく強烈なシュートはポストを叩いた!いやぁ~・・・本当に惜しかった。
すると30分。GKレイナのパントキックがファウルの判定。
えっ?と思っているうちにやられた。
FKからスピードのシュートが決まってワンダラーズが先制!
チャンスらしいチャンスはこれしかなかったのに・・・
40分。フィナンのクロスにベラミーが落とし、スティーブン・ジェラード!
これはヤースケライネンを褒めるしかない・・・
結局、前半は1-0での折り返しとなった。
後半はユニフォーム同様、鮮血に臆する事なく真っ赤でも戦っているカイトの
頑張りに何とか応えてもらいたいところだが・・・

49分。やる気満々であったが大事をとりカイトに代わりクラウチが入った。
50分。今日2回目のチャンスにまたやられた。カンポのヘッドが決まって2-0。
57分。CKからシャビ・アロンソのミドルも枠にはいかない。
59分。予想通りというかペナントに代えルイス・ガルシアが入った。
65分。シャビ・アロンソのミドルもGKキャッチ。
しかしルイス・ガルシアが入ってリズムが出て来た。
75分。Rafaは最後にシソコに代え、ゼンデンを送り込んだ。
結局、むなしく時間だけが過ぎていき、勝ち点を奪えることが出来なかった。
せめて勝ち点「1」は欲しかったが・・・
それにしてもあのレイナのパントキックの判定が全てであった。

Bolton Wanderers 2-0 Liverpool
[PR]
by jicchan1968 | 2006-10-07 00:11 | サッカー