イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

仕方なく・・・-ステアウア・ブカレストvsレアルマドリード-

ステアウア・スタジアム。
Old traffordのゲームがスカパーで録画放送なので、
仕方なくこのゲームを早朝観た。
おまけにリヨンのゲームも19時~の録画放送なのも気に入らない。

愚痴で始まってしまったが、今季レアルのゲームは二度目である。
CL開幕戦のリヨン戦以来だ。
スタメンはCBに見慣れたエルゲラが戻った。
もしかしたらReds入り?と期待をしてしまった時期もあったが、
カンナバーロとコンビを組み、セルヒオ・ラモスが右。
中盤は底にエメルソンとディアッラ。
その前にグティ、ロビーニョ、ラウールを置き、馬面の1トップ気味という形。
代表戦で観られなかったベッカム様はこの日も観られずベンチスタート。

試合が始まると相手が相手ではあるがとてもリズムがいい。
特にロビーニョのドリブルがとてもいいアクセントとなっている。
すると9分。CKからセルヒオ・ラモスがどんぴしゃヘッド!
というかまったく競っていない・・・
あっさり先制というかJリーグでもここまで競らないのは珍しいと思うほどだ。
その後21分に一瞬、決定的なチャンスはあったが、後はレアルにとって楽な展開。
すると33分。馬面のシュートのリフレクションをラウールが叩き込んで2点目。
前半はレアル復活を思わせる展開というより相手が相手だ。

後半に入り55分。グティからロビーニョ!DFに当たる不運もあったが3-0。
63分にバデアのゴールで1点を返されたが、
75分。馬面が落ち着いた上手いループでダメ押し。1-4とした。
というより金子さんも言っていたが相手GKもチャンピオンズレベルではなかった。
普段のプレーを観ていないので何とも言えないのだが・・・

今日のレアルを観て思ったのはロビーニョが効いていた。
逆にロベルト・カルロスは軽いプレーが目立ち、衰えたなぁ~という印象を持ってしまった。
銀河系と呼ぶには程遠いが、やはりこのチームが復活してくれない事には面白くない。
レアル戦はやっぱり金子&倉敷コンビに限る(笑)

ステアウア・ブカレスト 1-4 レアルマドリード
[PR]
by jicchan1968 | 2006-10-18 13:03 | サッカー