イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

キャプテン?UEFA Champions League-Manchester United vs Copenhagen-

e0055069_8375970.jpg

Old Trraford。
昨シーズンのこの時期に比べれると余裕すら見え隠れする今のユナイテッド。
それにしても本当にこのスタジアムはよく入る。
しかしこの試合のウォーミングアップ中にアクシデント!
ライアンとリオが怪我のためスタメンを急遽外れた。
とは言ってもChlseaの2人のGKほど深刻ではなさそうだが・・・
で、キャプテンマークはウエイン・ルーニー!
いやぁ~いずれとは思ってはいますが・・・
いささか感慨深いものがあるのは私だけでしょうか・・・

試合は当然コペンハーゲン相手でOld Trrafordとなれば
ユナイテッドペースは当然。
相変わらずサア、ウエイン、ロナウドのトライアングルは観ていて気持ちがいい。
ライアンの代わりに入ったフレッチャーが相変わらずの軽いプレーで
リズムが時折狂うが、いつでも点が獲れそうな展開。
ウエインやサアの絶好の場面も何度かあったが、39分。
エブラからサアが落としたところにスコールズ!
お決まりの展開とばかりに真骨頂であるミドルシュートが決まった。
あの位置からスコールズに撃たれてはどうしようもない。
その後もロナウドの惜しいヘッドなどあったが
結局、前半は1点を奪うに留まった。

後半、開始早々CKからオシェイが押し込んで2-0。
これで落ち着いてしまった感があり、ファーガソンは予定通りとばかりに60分。
絶好調サアとキャリックに代え、スールシャールとアラン・スミスが入った。
今週末のReds戦、来週からはじまるカップ戦などの過密日程を睨んでの交代。
とりわけスミスが戻ったのは大きい。
今日はこの後スミスかウエインにゴールがあり無駄な失点をしなければ
ガムを噛んだおじさんは満足であろう。
あとこれ以上アクシデントがなければ大満足といったところだろう。
74分。ゴール前絶好の位置でのFK。
ロナウドがウエインに話しかけるがキャプテンは受け入れない。
「何だよ!俺が蹴るんだよ!」とでも言っているように聞こえる。
77分にもスールシャールからアランの復帰をお祝いするような決定的な場面も
ヒットしない。ここで決めていればという絶好のパスだったが・・・
するとスコールズに代わったリチャードソンがラッキーなゴール!
GKがファンブルしあろうことか後ろにそらしてしまった。
ダメ押しといえるゴールが決まり、ユナイテッドサポーターは安堵で帰路に着くだろう。

いよいよ週末のReds戦。
この大観衆を黙らせてくれるRedsの逆襲が観たいのだが・・・

Manchester United 3-0 Copenhagen
e0055069_8325361.jpg
[PR]
by jicchan1968 | 2006-10-21 08:41 | サッカー