イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

こんなRedsに。

私はLiverpoolが大好きだし、
Rafaは世界的にみてもクラブチームの指揮官では3本の指に入ると確信している。
敬愛してやまないが、批判ではなく、こんなRedsが観てみたいと思う。
粕谷さんも言っていたが、「4-4-2」にこだわらなくていいと。
それがどんな影響を及ぼすかはわからないが観てみたいのだ。
「4-2-3-1」的な形。つまりはトップからの4人を流動的に動かすというもの。
4バックの前にシャビ・アロンソとシソコ。
その前には真ん中スティーブン・ジェラード、左ベラミー、右ルイス・ガルシア。
1トップ気味にカイトという布陣だ。
勿論、局面によってスティーブンが右に開いたり、ガルシアが中をとクロスしたり、
ベラミーが前線へ持ち込んで空いたスペースにスティーブンがどすん!と。
そんな簡単に上手くいくとは思っていないが、
やはりこのところ冴えないスティーブンの顔を観ているとせつなくなる。
と言ってシソコを外せないのであれば、やっぱりスティーブンが活きてこそのReds。
中でのあの強烈なミドルをやはり観たい!
カイトはデカイ人のように簡単に諦めたり、消極的なプレーは殆どない。
Chelseaの昨シーズンの「4-3-3」に近くなる場合もあるかもしれないが、
是非、個々の活き活きしたプレーが観たいだけなのだ。

こんな私が偉大なるRafaに物を言うなどおこがましいが、
Old Traffordのゲームを観て改めて観たくなってしまった。
[PR]
by jicchan1968 | 2006-10-24 12:58 | サッカー